ホーム > 食育
フードコーディネーターが伝える!フードコーディネーターの仕事内容について!

“魅せる”ために全力を尽くす、フードコーディネーターのお仕事!

フードコーディネーターって、なに?!
初対面の方に必ずと言っていいほど質問される私の仕事。それはフードコーディネーター。「聞いたことはあります!料理を作る仕事ですよね?」
8割の方にこう言われます(笑)
これはある意味正しいです。確かに料理を作っていますからね。でも、私が作っている料理は基本的に食べられません。なぜなら私の仕事は“食べてもらう”ために料理を作ることではなく、“魅せる”ために料理を作る仕事だからです。

製菓衛生師という資格について、詳しくご紹介します。

製菓衛生師という資格は、ご存知ですか?製菓衛生師についてご紹介します!

製菓衛生師の仕事って、どんなこと??
お菓子作りのプロと聞いて思い浮かべる職業は何か?…と問われれば、「パティシエ」を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。そのパティシエの多くが所持する資格の1つに、「製菓衛生師」という国家資格があります。

食育アドバイザー、幼児食インストラクターが教える!幼児期の食事について。

幼児食づくりの基本についてご紹介します!

幼児食を美味しくしてあげたい、でも味付けは薄味で!
幼児期の間は食材そのものの味を体験させてあげることが大切です。薄味ってどのくらい?と疑問に思いますよね。私も味見するときに、これは薄すぎるかな?っと毎回思います。目安として、幼児食移行期、前期の塩分量は大人の3分の1程度で幼児食後期は大人の2分の1程度を心がけます。

食育アドバイザー、要食事インストラクターが、幼児期時に大切な噛むことの大切さについてご説明します。

幼児期の発育・発達について詳しくご紹介します!

幼児期の1日に必要なエネルギー量って??
皆さん「基礎代謝」ってよく耳にしますよね?基礎代謝とは人間が何もせずに横たわった状態のときに必要なエネルギー量です。基礎代謝は性別、年齢、体重などによって異なってきます。大体1~2歳の男の子で700kcal、女の子で660kcal、3~5歳の男の子で900kcal、女の子で840kcalです。

あまり知られていない食育や幼児食インストラクターについてご紹介します。

あまり知られていない?!幼児食インストラクターの役割とは?

幼児食って、何歳までの食事かご存知でしょうか?
皆さん、幼児食って一体何歳の時の食事か、どういった内容なのかご存知でしょうか?私は全く知りませんでした。出産して子育てをスタートし授乳期間を経て離乳食に移行していくなかで、私の母や祖母は「1歳になったら何でも食べさせて大丈夫!」とよく口にしていました。