ホーム > オーガニックコスメ > 「心地よい」がポイント?!自分に合ったプロダクトの選び方
心地よいがポイント!オーガニックについて考えてみる内容です。

「心地よい」がポイント?!自分に合ったプロダクトの選び方

 

 

「オーガニック」を考える

 

最近は、「オーガニック」という言葉を食や衣類、文化や土地など様々な分野で聞くようになりました。
それだけ、私たちがこの言葉に敏感になっているということだと思います。社会のニーズに合わせて、普通の野菜や衣類に「オーガニック」というネーミングがされ、時にこの言葉が1人歩きをしているのではないか?と考えることもあります。

どんなモノも「オーガニック」と呼べば売れるかもしれない!そんな販売者側の意図が見える商品も、少なくありません。
そんな環境下で、私たちには数ある「オーガニック」とネーミングされた商品の中から、本当に自分に合った、自分の身体に合う商品を選ぶこと、つまり商品を取捨選択する力が必要となりました。

と言っても、そんな力どうやってつけるの?どうやって自分に合っているか判断するの?使ってみないと分からないなど、簡単に身につけることができる力ではないような気がしますよね。
そこで、ポイントとなるキーワードが「心地よい」なのです。

心地よいという意味では、オーガニックコスメの選び方、合う合わないも、人それぞれの感覚、感じ方がとても大切とも言えます。

 

 

「心地よい」を大切に

 

いきなりですが、みなさんが「心地よい」と感じる瞬間とは、どんな時ですか?
安心している時、癒されている時、何かに包まれている時など、その瞬間は人それぞれですよね。
しかし、本当に自分に合ったプロダクトを選ぶときには、今挙げた全ての感覚がとても大切です。

つまり、感じ方やその瞬間はそれぞれであっても、そこに間違いはありません。
なぜなら、私が思う自分に合った「オーガニック」商品とは、癒しであり、安心感であり、抱擁であり、心の拠り所であるからです。

例えば、1枚のコットン素材のシャツを身につけた時、何だか心が落ち着くという人と、特に何も感じない、あるいはしっくりこないという人がいますよね。
あなたが抱くその「何だか○○」という感覚を大切にしてください。
それは確かな感覚ではなく、あいまいな感覚かもしれません。
しかし、それは重要な感覚であり、その「何だか心地よい」が、自分にあったプロダクトを選ぶポイントなのです。

オーガニックコットンでいえば、肌触りや触った感触、着心地が良いかどうかというのも、自分に合ったプロダクトを見つけるために必要な要素ですね。

 

 

心の声に耳を傾ける

 

実は、私たちが思っている以上に「心地よい」は、鈍い感覚であると言えるでしょう。
なぜなら、私たちは基本的に、視覚的な情報を頼りに何が良くて何が悪いか、取捨選択をすることが多いからです。
ですから、日々この感覚を磨いていくことが必要です。

そして、自分自身を知ること!自分は何が好きで、どんなコトやモノに反応するのか。
何が苦手で、どんな香りを好まないのかなど、五感を働かせながら、心の動きや心の声に意識を向け、生活をしていきましょう。

 

 

確認してみよう!自分にあったプロダクトの選び方リスト

 

1.手で触れたとき、質感が心地よいか

2.食べたとき、おいしい!と心から思えるか

3.コスメは、1日使ってもストレスがなく、常に心地よいか

4.肌荒れはないか

5.香りが心地よいか

6.続けて使用することができるか

7.自分の拠り所となっているか

8.心身ともに癒されているか

自分に合ったオーガニックとは?オーガニックの意味と、選択する力についてご紹介します。

「心地よい」は、私たち人間にとって大切な感覚です。
自分に素直になり、本当の心地よさを追求し、あなただけのオーガニック商品を手にしていきましょう。



Loadingお気に入りに追加する

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
MIYOさん

某広告会社の営業・編集を経て、現在は保育業界で英語を教えながら、女性の豊かな生活を支援する活動に従事。
自らの体調不良をきっかけとして、オーガニックな生活や体の中から体調を整え、キレイを追求するインナーケアに興味を持つ。
日々の生活の中に自然な形で取り入れられる、キレイの秘訣を発信中♪