ホーム > 健康ライフ > ヘルシー&おいしいが合言葉!薬膳料理の魅力と献立
ヘルシー、美味しい、人気の薬膳料理について詳しくご紹介します。

ヘルシー&おいしいが合言葉!薬膳料理の魅力と献立

 

 

ヘルシーで美味しい、薬膳料理の魅力とは?!

 

薬膳料理と聞くと、身体には良いけれどシンプルで味気のない料理、あるいは色合いが地味で華やかさに欠ける料理、家庭料理としてはハードルが高い料理など、日常的に取り入れることが難しいイメージを持つ人が多いかもしれません。

実際、私も薬膳料理の魅力に触れるまでは、先のように思っていましたし、好んで食そうとも考えたことがありませんでした。

そもそも薬膳とは、「食養生」と呼ばれ、食事による健康管理のことを指し、私たちはその薬膳を使って作られた料理のことを薬膳料理と呼んでいます。

薬膳の基本は、あくまでも食で病気にならない健康な体を作り、それを保つことです。
最近は、健康志向の人も増え、食材にこだわったり、スポーツをしたりと、自分の身体を思いやりながら生活する人が多くなりました。

そんな中、「食」という身体の中に取り込むものに、とことんこだわり、おいしい!を追求しながら、健康体を目指す薬膳料理は、まさに身体の中から健康を創り上げるために考えられた料理であると言えるでしょう。

 

 

薬膳料理の基本である「陰陽五行説」とは?

 

また薬膳料理には、この世で起きる物事の全ては、5つのカテゴリーに分類され、それぞれの関わり合いの中で成り立っているという考え方、つまり東洋医学の基本である陰陽五行説が取り入れられています。

例えば、身体を温めたり冷やしたりする性質を「熱」「温」「平」「寒」「涼」の5つに分類した「五性(ごせい)」という考え方や、味覚においても「酸」「苦」「甘」「辛」「鹹(かん)=塩辛い」の5つから成る「五味」という考え方があります。

ヘルシーで美味しいと話題の薬膳料理の魅力について解説します。

薬膳料理とは、決して特別な料理ではなく、素材の性質である五性や五味を理解し、身体の状態に応じて必要な食材を摂取することの重要性を語る料理なのです。

 

 

薬膳料理、オススメの献立

 

基本的に薬膳料理とは、季節ごとに旬の食材をふんだんに使います。
そうすることで、その季節のパワーを取り込みながら、食と季節を同時に楽しむことができるのです。
今回は、詳しいレシピは割愛させていただきますが、「夏」という季節をテーマに考えた献立をご紹介します!

 

〈献立〉
前菜:スナップエンドウ・アスパラガス・オレンジのシトラスサラダ
→ドレッシングは、レモン汁をベースにすっきりと仕上げましょう。

 

ドリンク:桃のビネガードリンク
→桃の甘みとビネガーの酸味が奏でるハーモニーを楽しむことができます。

 

メイン:トマトとオクラのコンソメ素麺
→トマトとオクラがアクセントになる冷麦です。トマトと玉ねぎをすりおろし、コンソメスープと絡ませたら、お皿に盛りつけた冷麦が半分つかる程度まで注いでいきます。

 

デザート:チアシードマフィン
→噂のスーパーフードと薬膳の出会い。チアシードをオレンジジュースでふやかすことで、チアシードが夏らしい風味を醸し出します。

 

この夏、薬膳綾里でヘルシーな生活にチャレンジしてみませんか?

この夏、猛暑対策として薬膳料理に挑戦してみてはいかがでしょうか?
ヘルシー志向そのものでありながら、美味しさで心が満たされる!
そんな薬膳料理に、きっと病みつきになることでしょう♪



Loadingお気に入りに追加する

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
MIYOさん

某広告会社の営業・編集を経て、現在は保育業界で英語を教えながら、女性の豊かな生活を支援する活動に従事。
自らの体調不良をきっかけとして、オーガニックな生活や体の中から体調を整え、キレイを追求するインナーケアに興味を持つ。
日々の生活の中に自然な形で取り入れられる、キレイの秘訣を発信中♪