ホーム > ヨガで楽しむ!オーガニックライフ > 夏のワークアウトにぴったり?!ビーチヨガの魅力とオススメの楽しみ方
夏のワークアウトにぴったり?!ビーチヨガの魅力とオススメの楽しみ方

夏のワークアウトにぴったり?!ビーチヨガの魅力とオススメの楽しみ方

 

 

夏のワークアウト、ポイントは「時間帯」?!

今回は夏のワークアウトにぴったりな、ビーチヨガの魅力とオススメの楽しみ方についてご紹介します。

夏の日差しがじりじりと照り付ける中、満ち引きを繰り返す波が奏でるサウンドに、心をどっぷりとつけて楽しむビーチヨガ。
しかし、太陽と青空の下で行うヨガですから、日焼けや虫など、気になることもたくさんありますよね。
いざ、ビーチでヨガをしよう!と思い立っても、暑さに体力が奪われ、結局断念にしたり、ヨガを始めても日差しの強さに、途中でギブアップということも少なくありません。

私も以前、夏にビーチヨガをするなんてありえない!と思っていました。
炎天下でヨガをすることは、日焼けサロンで汗をかくようなものだと思い込んでいたのです。

しかし、実は夏の時期のビーチヨガは、「時間帯」を選ぶことで、他の季節には感じることのできない魅力を味わうことができます。
夏の時期のビーチヨガにオススメの時間帯は、朝と夕方です。

夏は太陽が出ている時間が長いので、朝は5:00~6:00頃、夕方は18:30~19:00頃がスタートの時間帯としてオススメです。
朝は、日の出前なので気温は低く、暖かい風と朝独特の静けさが心を安らぎへと誘ってくれます。
また、午後は気温も下がり始め、夏空の美しい夕焼けに心癒されることでしょう。

 

 

夏×ビーチヨガ=ワークアウト

 

また、日中に比べ比較的気温が低い朝と夕方にヨガを行ったとしても、汗をじわじわとかくための暑さは十分です。
春や秋、冬の時期のヨガに比べると、やはり気温が高いため、ちょっとした動きでもしっかり汗をかくことができますし、
代謝も上がり、より脂肪を燃焼しやすい環境で、ヨガを楽しむことができるでしょう。

特に朝のビーチヨガは、ワークアウトとリラックスには最適です!
日の出前の空を仰ぎながら行う、太陽礼拝(すべての基本の動き)でもしっかり汗をかくことができ、
その後のあらゆる動きを繰り返している最中に水平線から太陽が顔を出します。

その日の光が私たちのエネルギーを与えてくれるのです。
そして、最後はシャヴァ・アーサナ(しかばねのポーズ)で、潮風を大きく吸い込み、波の音に身を委ね、心も身体もリラックス。

夏の時期のビーチヨガは、時間帯を選びだけでとても効率的なワークアウトになるのです。

 

 

室内ビーチヨガに注目!

夏の時期のビーチヨガは、時間帯を選びだけでとても効率的なワークアウトになります。

近は、日本人の20人に1人がヨガをしていると言われるほど、ヨガに人気が集まっています。
ヨガ教室も数が増えるだけでなく、それぞれの教室がオリジナルのヨガを提供しようと奮闘していることから、
バーチャルな世界を駆使したヨガや笑いヨガなど、その種類もバラエティー豊かになりました。

その中でも、まさに夏の日差しによる日焼けや海辺の虫が気になる!という方にオススメするのが、室内ビーチヨガです。
これは、その名の通りビーチに面したヨガ教室で、波の音や潮風、暑さをしっかり感じながらも、
日焼けなどを気にすることなくヨガを楽しむことができる施設のことです。
私は、個人的に鎌倉のビーチヨガスタジオにお世話になっていますが、千葉や東京、沖縄や静岡にもこのような施設がたくさんあります。
これも1つのビーチヨガの楽しみ方だと思います。

 

みなさんもこの夏、ぜひビーチヨガデビューしてみてはいかがですか?メディテーションにぴったりの環境で、ヨガライフを充実させることができますよ♪



Loadingお気に入りに追加する

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
MIYOさん

某広告会社の営業・編集を経て、現在は保育業界で英語を教えながら、女性の豊かな生活を支援する活動に従事。
自らの体調不良をきっかけとして、オーガニックな生活や体の中から体調を整え、キレイを追求するインナーケアに興味を持つ。
日々の生活の中に自然な形で取り入れられる、キレイの秘訣を発信中♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です