ホーム > 新着記事

新着記事

心も体も健やかに保つ、ネイティブアメリカンの伝統・スウェットロッジ体験③~完結編~

大自然の恵みへの感謝と祈り
前回のスウェットロッジ体験レポートの続きです。ラコタ族長老のアダム・イエローバードさんとパートナーのブルックさん。参加者全員のお祈りの言葉が終わると、アダムさんから雨はネイティブアメリカンにとってとても大切なものなのだというお話がありました。ネイティブアメリカンが住んでいたアメリカ南西部は砂漠地帯で、雨が非常に少ない地域です。私たちが滞在していたセドナも、雨期でも1ヶ月の降水量は冬の東京とほぼ同じ。それくらい乾燥しています。日本は水が豊富なので、雨に対して感謝をすることがほとんどありませんが、雨はハワイでも「祝福の象徴」です。なぜなら、雨が降るから作物が育つから。

身近な癒しのハーブ「よもぎ」の女性に嬉しい素敵すぎる効能・効果

身近なハーブ?お散歩ついでによもぎ摘み
成田市在住の整理収納アドバイザーのnocoです。徒歩1キロ圏内に美しい田園風景が広がる場所に住んでいます。
この記事を執筆しているのは、そろそろ田植えが始まる頃。水田には水が張られ苗が植えつけられる時を静かに待っています。静寂の中、水面に青空や夕日が映る姿に心癒されています。4月末、息子たちと一緒に田んぼ近くの河原に散歩に出かけ、まだ小さなよもぎの新芽・新葉を見つけ摘んできました。今までなら素通りしていたよもぎの葉。

梅雨や夏場のお弁当対策はバッチリですか?注意するポイントはコレ!

夏もお弁当ライフを楽しもう!
爽やかで新緑がまぶしいこの季節は、お弁当を持って出かけたくなりますね!健康を考えて、この春からお弁当を始められた方もいらっしゃるのではないでしょうか?でも、これから夏に向かってどんどん気温が上がることや、梅雨の湿気などで、せっかくのお弁当が傷んだり、食中毒が心配になったり、保存状態に気を使う時期でもありますね。せっかく始めたお弁当ライフを夏場はお休みしようかしら?なんて考えているあなた!そんなあなたのために、わたしが夏のお弁当ライフで気をつけていることをご紹介します。

【スーパーフード特集】第五弾!デトックス効果がある「モリンガ」に注目!

スーパーフード!モリンガってなんですか?!
モリンガとは、葉・種・茎・根・花とすべて食べる事ができるワサビノキ科の木で、白くて可愛い花が咲きます。原産は北インド、最大の生産地もインドです。国内産もありますが少し割高ですね。昔からアフリカやインドネシアなどの熱帯・亜熱帯地域では薬や美容や健康のために使われていたんです。モリンガの木は成長が早く、1年で実をつけて2年目になると10メートル以上にもなるそう…。驚きの生命力ですよね。

cosmekitchenが手がける美容に効く♡オトナ女子の為のカフェcosmekitchen adaptation

cosmekitchen adaptation の美容にいいメニュー
こちらのお店のコンセプトは、“おいしく食べて心も体も美しくなる”なんです。体に良いものを食べてお肌もキレイになったら、心もハッピーになれますよね。それでいて美味しいなんて、言うことなしに幸せ♡ちなみにアダプテーションとは、適応・順応・変化すること。まさに現代の日本女性を表しているメッセージです。店内に入って最初に目にとまるのは、こだわりの詰まったサラダバー&デリ!小さな森のような飾り付けもかわいいです♡
野菜はもちろん厳選されているものが使われていますし、ドレッシングも美容液のような…とうたっているほどなんです!

“やさしい”なんて思い込み!大人の肌こそオーガニックスキンケアを!

日本ではオーガニックスキンケアと聞くと、アトピーや敏感なお肌が弱い方が使うものという認識が強く、お肌にやさしいけれど効果が弱いと思われがちです。しかし実は、ヨーロッパやアメリカでは、オーガニックとはパワフルで即効的な改善ができるものとして圧倒的なシェアを占めています。年齢と共に現れるお肌の変化やニキビなどの肌トラブルなどは、「植物の力で改善できる」と思って愛用している方がほとんどです。実際に近年では日本でもオーガニック需要が高まり、使ってみて初めてその力に驚いて今までのスキンケアに戻れなくなる方も多いんです。

34,383名が来場して大盛況のオーガニックライフTOKYO、イベントレポートをしに行ってみた!

オーガニックライフTOKYOに行ってきた!
こんにちは、YUMITです。今回、オガライフさんより「YUMITさん、一緒に行きませんか?」とお誘いを頂き、オガライターとしオーガニックライフTOKYOにイベントレポートに行ってきました。オガライフさんと一緒に同行させていただき、当日の様子をレポートさせていただきたいと思います♪

パワースポットの聖地セドナで体験した、ネイティブアメリカンの伝統・スウェットロッジのレポート記事です。

心も体も健やかに保つ、ネイティブアメリカンの伝統・スウェットロッジ体験②

ネイティブアメリカンの伝統・スウェットロッジ
皆さん、Aloha!前回はスウェットロッジのためのロッジを組み立てるところまでをレポートしました。今回はその続き、準備が終わってセレモニーが始まるところからのレポートです。※このレポート内では、セレモニーそのものを『スウェットロッジ』、セレモニーを行うためのテントを『ロッジ』と記載しています。いよいよスウェットロッジ内部へ…

畑から着工!手作り味噌に挑戦!

日本人の食卓に欠かせない調味料、味噌。
普段何気なく口にしているこの調味料、皆さんは買っていますか?それとも作っていますか?買うとなると納得出来る質の物は値段が張る。
そして持って帰るとなると重い!かと言って作るといっても、どうやって?手間がかからない?失敗しない?と、気にはなってはいたもののなかなか手を付けられなかった味噌作り。畑仲間からのお誘いで、ついに今年は手作り味噌を作れることになったのです。

オーガニック料理ソムリエがおすすめする、これからオーガニック料理を始める方へのポイントをご紹介します。

オーガニック料理初心者に送る…まずはコレをやるべきシリーズ①

実はオーガニック料理ってハードルが低い?!
皆さん、オーガニックやオーガニック料理と聞くと、どういうイメージを持たれているでしょうか。比較的、価格が高い・高級品、調理が難しい、我が家では無理…のようにハードルが高いイメージを持たれている方が多いようです。私自身も憧れからオーガニックに興味を持ち、勝手にハードルが高いものだと感じていました。でも実は、案外身近で簡単なのです。

整理収納アドバイザーが冷蔵庫の整理術をご紹介します。

フードロスを出さない!冷蔵庫整理術で環境・健康・お財布に優しい暮らし

「フードロス」という言葉を聞いたことがありますか?
フードロスとは、売れ残りや食べ残しなど、まだ食べられるのに捨てられている食べ物のこと。食べ残しなどがそれにあたります。日本では年間に632万トンにも上り、途上国支援にあてた食品量の2倍にもあたる量だそうです。本当にすごい量の食品が廃棄されているのです。家庭のフードロスは、家計に直接影響します。毎日少しずつ食べ物を廃棄していたら、お金を捨てているのと同じこと。冷蔵庫にしまう食品には、「賞味期限」「消費期限」が必ずついています。このことが、冷蔵庫にしまうものには切っても切り離せない他のモノとは違う最大の特徴です。

セドナで体験してきた、ネイティブアメリカンの伝統・スウェットロッジのレポート記事です。

心も体も健やかに保つ、ネイティブアメリカンの伝統・スウェットロッジ体験①

ネイティブアメリカンの伝統・スウェットロッジ
皆さんは『スウェットロッジ』というものをご存知でしょうか?私自身、その名前はずいぶん前に聞き、そして長い間興味津々でした。そしてついに、先週アメリカのアリゾナ州セドナを訪れた時に体験することができましたので、その様子をお伝えしようと思います。心も体も健康に保つというスウェットロッジとはどんなもの?実際に体験してみたスウェットロッジは、ひと言で言うなら『ハーブサウナ』。

ローフードで作るスイーツについて、レシピをご紹介します。

ローフードを使ったスイーツレシピ!ローケーキのご紹介!

ローフードでスイーツってどんなもの?
ローフードの「RAW」とはつまり「生」のこと。言葉通り、食材を生のまま食べる食事方法のことを言います。生の食材に含まれるビタミンやミネラルの栄養素や酵素を食物から積極的に取り入れて行きます。そんなローフードで作るスイーツはスイーツなのに美味しくて簡単でさらに綺麗になれる、夢のようなものなのです。焼かないし、煮込まないし、難しい工程は何もありません。だからオーブンもいらないし、加熱調理が無いので道具はいたってシンプル。混ぜたり、冷やしたりするだけ。なんの準備もなく食べたい時にすぐ作れるのです。

今回は万能たれ、精進麺つゆを活用して作るメニューをご紹介します。

精進麺つゆで毎日の食卓に手軽にベジメニューを!

主菜は精進麺つゆ煮込みで食べ応え満点
お肉やお魚などに比べて、植物性食品ってどうしても物足りなく感じてしまいますよね。でも大丈夫、精進麺つゆを使えば、主菜はもちろん、副菜からどんぶりまで、オール植物性メニューが実現できるんです。万能たれ精進麺つゆを活用して作るメニューのヒントを研究してみました。精進もどき料理の食材として代表的なのがこんにゃくと車麩(くるまぶ)、こんにゃくを下ごしらえして煮つけるとまさに角煮こんにゃくになります。また大豆を原料とする車麩は栄養価も高くとても味が染みこみやすいですね。

「ローフードソースのレシピを使って、ディップにカナッペ、サラダやパスタ、簡単に新鮮な酵素をたくさん取り入れよう」

ローフードって?
最近耳にするようにはなってきましたが、ローフードってどんな食べ物のことなのでしょう?Raw(生の)Food(食べ物)、つまり加熱調理で酵素が破壊されていない生の食材、という風にとらえていただくとよいと思います。Living(生きた)Food(食べ物)、生命力に満ちた食べ物、とも言われています。ローフードの何がいいの?私たちが生きていくためには、消化や吸収、呼吸や排泄、血液循環など、様々な代謝が必要です。

続・ethical(エシカル)のススメ

ethical(エシカル)って何?
オガライフ読者の皆さまは、すでにエシカルの意味はご存知の方が多いと思います。倫理的な消費活動や、未来を見据えた企業活動や生産活動など、将来の世代のための環境や資源を壊さずに、今の生活をよりよい状態にすること、ですね。ポイントは、決して今を犠牲にしないこと。今ここの幸せを存分に楽しみながら、未来へと視野を広げるイメージです。

シンギングボウルを使った心と体の癒しについてご紹介します。

倍音と振動の癒しをシンギングボウルで!~シンギングボウルの倍音浴~

新しい季節、変化の中で緊張を感じたらシンギングボウルを
昔に比べると桜が咲くのは早くなりましたが、これからの時期、植物はたくさんの木々が芽吹き、新緑が広がって来ています。人々は新しい場所でのスタートであったり、春はたくさんの命にとって、新しいサイクルのスタートのように感じます。また、変化は緊張をも生み出しもします。運動、音楽鑑賞、静かな読書の時間、アロマ。私たちのまわりには、たくさんの癒しのツールがあります。今回はその一つとして、シンギングボウルのヒーリングを紹介します。

日本の農業の応援になる!ファーマーズマーケットで選ぶ食材でおいしいごはん

ファーマーズマーケットの魅力の一つ!安心・安全な食材
前回ファーマーズマーケットを回ってその魅力をお伝えしましたが、ファーマーズマーケットの魅力はそれだけではありません。生産者さんがこだわり抜いて作られた野菜や商品は農薬不使用のものが多く、安心・安全なものばかり!そこで今回は食のプロである私がこだわる食材を選ぶポイントとファーマーズマーケットで実際に選んだ食材、その食材だからこそできるワンプレートごはんをご紹介します!

汁物を作るときには欠かせないダシについて、詳しく紹介します。

完全菜食、精進ダシで体の中からきれいになりましょう!

精進ダシで毎日ヘルシーな汁物を
毎日飲んでいる味噌汁、皆さんのご家庭ではどんなダシを使っていますか?我が家では夫が作るときは鰹節で取りますが、私は最近ではコンブと干しシイタケのベジタリアンダシ、名付けて精進ダシを使っています。精進ダシって聞くと、なんだか敷居が高い感じがしませんか?でも実は精進ダシはとても簡単にできるんです!どれくらい楽ちんかと言えば、ダシ用コンブと干しシイタケを水につけて半日~1晩くらい置くだけ。カツオのダシと違って火を使わず、鍋やザルなどの洗い物も出ません。