ホーム > オーガニック食品
西伊豆でオープン中のオーガニックな海の家では、オーガニックピザが食べられます。

西伊豆に“オーガニックな海の家”が夏休みの間出現中!!

slow life beach 小土肥
静岡県は伊豆市。伊豆と一言で言ってもここ西伊豆はサンセットの美しさと、ゆるやかな時間の流れが心と身体をリラックスさせてくれる格別なエリア。西伊豆の中でも静かな海水浴場がある小土肥に「オーガニック」がコンセプトの海の家「Slow life beach 小土肥」が7/14~8/26までの期間Openしています。

スーパーフード特集の第五弾です。今回はクコの実、ゴジベリーの効能についてご紹介します。

【スーパーフード特集第五弾!】女性の見方、アンチエイジングにもおすすめのクコの実・ゴジベリーとは?!

スーパーフード、クコの実(ゴジベリー)は、ご存知ですか?
皆さん、クコの実ってご存知ですか?中華料理の最後に食べる杏仁豆腐を思い浮かべてください。真っ白な杏仁豆腐の上に真っ赤な楕円の実が乗っていますよね?あれががクコの実です。クコの実は最近は「ゴジベリー」などとも呼ばれ、かなり身近になりました。アンチエイジング効果も期待でき、スーパーフードと呼ばれているクコの実のご紹介です。

今回は、意外と知らない「オーガニック食材」の落とし穴についてご説明します。

あなたは大丈夫?!意外と知らない「オーガニック食材」の落とし穴

みなさん、こんにちは♪現在、フィリピン訪問中のMIYOです。
今日は、「オーガニック」という言葉の一人歩きがもたらす、落とし穴についてお話しします。オーガニック商品が身近で、手にしやすい環境になってきたからこそ、「オーガニック」に対する、正しい知識を持ち、商品の取捨選択をすることが大切になってきました。そんな中、今回は数ある「オーガニック」プロダクトの中でも、特に、日々私たちが口にする食材に注目し、「オーガニック食材」の注意点や陥りがちな認識の違いについてお伝えします。

「ローフード・ダイエット」という言葉を聞くことも珍しくなくなりましたが、 ローフードとは何なのか、そのメリットとデメリットを考えてみましょう。

本当に体にいいの? ローフード・ダイエットのメリットとデメリット

オガライフ特別ライター、水上生活翻訳者のリアキです。
オーガニックな商店が身近にある関係で、よく健康的なお菓子を求めて行くのですが、健康系の宣伝文句として「Organic」「Vegan」の次くらいによく目にする言葉が「Raw」です。「ローフード・ダイエット」という言葉を聞くことも珍しくなくなってきた今日この頃。ローフードとは何なのか、そのメリットとデメリットを考えてみましょう。

卵がなくてもお弁当を彩る黄色い食べ物―野菜編で紹介しているお弁当

卵アレルギーの方におすすめ!卵がなくてもお弁当を彩る黄色い食べ物―野菜編

お弁当作ってますか?
子どもがいる家庭などでは、お弁当を作る機会は大変多いですね。地域によっては毎日お弁当をもっていく中学校もあります。また最近では、職場にお弁当を持っていく人が増えているようです。やはり毎日のランチ代も積み重なるとバカになりませんし、自分の好きな食べ物を詰める楽しみもあります。

日本古来の習わし”土用の丑の日”

土用の丑の日と環境問題

日本古来の習わし”土用の丑の日”
日本には古き良き風習がたくさんあります。
毎年7月20日頃にやってくる”土用の丑の日”もその一つ。
暑さで食欲減退気味のこの頃に、栄養たっぷりのウナギを食べると、夏バテを吹っ飛ばすことができる!というもの。
ちなみにこの”丑の日”、十二支の”丑”なんですね。
干支というのは年だけでなく日付にも適用されていて、12日に一度”丑の日”がやってきています。
そして”土用”は、立春・立夏・立秋・立冬の前18日間のことで、その間にやってくる丑の日が土用の丑の日とされています。
つまり、土用の丑の日は、春夏秋冬それぞれにやってくる、というわけです。
なのに何故、今時期の土用の丑の日が注目を浴びるのか…

東京の表参道や青山では、オーガニックカフェはファーマーズマーケットでさまざまなオーガニック情報を得られることができます。

東京のオーガニック街?!青山・表参道の魅力とおすすめショップリスト!

最近のオーガニック事情について。
オシャレに敏感な女性たちや多くの外国人が集まる、青山・表参道ですが、このエリアで最近、オーガニックカフェやオーガニック用品を扱うショップが続々とオープンし、軒を連ねています。ときには、ファーマーズマーケットが開かれ、生産者の顔が見える、無農薬野菜の販売も盛んに行われています。しかし、オーガニックブームが到来していると言っても、その種類の多さや信用性の有無など、情報を集めることは簡単ではありませんよね。
情報誌やオーガニックショップが独自に作成した商品紹介のチラシは、少しずつ増え目にする機会も多くなってきました。

近年増えてきた都市型マルシェの出店数の多い勝どきで行われている『太陽のマルシェ』の様子

私のお気に入りの都市型マルシェ・太陽のマルシェ ~必ず買いたいワタナベファームの美味しい卵~

近年増えてきた都市型マルシェ
皆さん、Aloha!
ここ数年、東京を始めとする大都市部で開催される『都市型マルシェ』が増えてきましたね。
ファーマーズマーケット好きとしてはとても嬉しい限りです。
都市型マルシェの魅力は、なんと言っても首都圏でも安心・安全な農産物や加工食品を購入できること。
ただ購入するだけではなく、生産者や販売者の方々と直接話をして、納得したものを購入できることです。
出店数の多い勝どきの『太陽のマルシェ』
中でも、自宅から自転車で15分ほどの距離で開催される『太陽のマルシェ』は大好きで、定期的に訪れるファーマーズマーケットです。
交通の便が良いこと、出店数が多いこと、無農薬や有機栽培の野菜の出店者が多くて手ごろな価格で入手できること、
こだわりを持ったベーカリーが数多く出店していることなど、お気に入りポイントがたくさんあります。

オガライフのフレッシュハーブティーレシピ

インスタ映え!初夏に欲しい効能たっぷりフレッシュハーブティーレシピ

初夏は紫外線が強い!
こんにちは!!
調理師&エイジレス美容食&ハーブアドバイザーの絵海です。
これから紫外線の最も強くなる時期になります。
紫外線はご存知の通り、シミそばかすの原因です。
紫外線を浴びた肌は皮膚内のメラノサイトに「肌を守るように!」と指令を出します。
その指令を受けた皮膚細胞は日焼け(火傷)しないようにとメラニンを作り出します。若いうちはターンオーバーと共にメラニンも表皮と共に剥がれ落ちシミにはなりません。
しかし、ターンオーバーが年齢やストレスで遅くなり「1回に剥がれ落ちる量<生成されるメラニン」となった段階から蓄積されはじめ、目に見えるほどになるとシミとして現れます。
フレッシュハーブティーを作り置きして、毎日の習慣にして天然サプリメントを摂取し体内エイジレス生活をしましょう!
紫外線を浴びる前からの対処で、何もしないでいる時と比べて数年後のお肌に大きな違いが期待できます。

イギリスのスーパーマーケット

海外オーガニックライフの食事情 スーパーから始めるオーガニック

こんにちは。オガライフ特別ライターの水上生活翻訳者リアキです。
ボート暮らしの話は別に書くとして、オガライフでは主に、海外、イギリスやヨーロッパで訪れた国を舞台に、日本人の私が送るオーガニックライフを紹介していきます。
住居にボートを選ぶくらいなので、それだけオーガニックとか地球環境とか極端に追求している人なのね、というイメージを持つかもしれませんが、そんなことは全くありません。自分の身の丈にあった、ゆるーく気楽なオーガニックライフを送っています。
今回はそんな海外でのオーガニック食事情についてお送り致します。

「情熱!ファーマーズフェスタ~『むさし』の農と食が二重まる◎~」に行ってきました!

都立小金井公園で行われたファーマーズフェスタ。
5月19日(土)・20日(日)、桜の名所としても有名な都立小金井公園で行われた「情熱!ファーマーズフェスタ~『むさし』の農と食が二重まる◎~」。
JA東京むさし青壮年部(若手農業者団体)の創立20周年記念事業として開催されたイベントでした。
心配された雨が降ることもなく、青空の下で開催されたこのイベントは、青壮年部の方々の農業に対する熱い想いが詰まった「都市農業」を俯瞰できる、ステキなイベントでした。

ハワイのオーガニックスーパーマーケットIsland Natural Market and Deliの店内の様子

店ごと買って帰りたい、ヒロのオーガニックスーパーマーケット①Island Naturals Market and Deli

皆さん、Aloha!
前回に続き、ハワイ島内で、安心で安全な食品が購入できるオーガニックスーパーマーケットのご紹介です。
今回ご紹介するのは、ハワイ島のヒロ、カイルア-コナ、そしてパホアに3店舗展開する、『Island Natural Market and Deli(アイランドナチュラルズ・マーケットアンドデリ)』のヒロ店です。1998年にオープンし、20年の歴史を持つこのスーパーマーケットのヒロ店は、ヒロ・ショッピングセンターの中にあり、売り場面積も広く、品揃えが充実していますので、車でたくさん買出ししたいときに便利です。新鮮なオーガニック野菜はもちろんのこと、ハワイ産の調味料やハーブティー、そしてベジタリアンやビーガン対応の作りたてのデリコーナーも充実しています。

ブラジルで気になるオーガニックショップに行ってみました!

ブラジルに行ってきました!ブラジルでのオーガニックライフとは?

初上陸ブラジル!ブラジルでのオーガニックとの出会い
先日、友人の計らいでブラジルに行く機会があり、1か月程滞在してきました!自分が思っていた以上に、貧富の差があったブラジル。それを目の当たりにして想像以上に、文化の違いもあったり、逆に日本と似ている所もあったりと毎日が刺激的な1ヶ月でした。その中で、気になったのが情熱の国、ブラジルではオーガニックは浸透しているのか。滞在中に、ブラジルでのオーガニックライフを見つける事が出来たので、まとめてみました!

地元の食材との出会いが楽しい!ハワイ、ヒロのファーマーズマーケットの歩き方

ファーマーズマーケットはハワイでの旅の楽しみのひとつ
日本でもファーマーズマーケットが増えてきていますね。新鮮な食材を生産者と直接話しながら買えるのが魅力のひとつですが、私がその楽しさを知ったのは、十数年前のハワイ滞在中でした。私はハワイが大好きで、どんなに短期間でも暮らすように滞在したい。そのためキッチンが使えるゲストハウスやバケーションレンタルに滞在することが多く、自分で朝食や夜食などを用意することも多々あります。そんなハワイ滞在中の楽しみのひとつが、ファーマーズマーケットでの買い物なのです。

畑から着工!手作り味噌に挑戦!~大豆プロジェクト続編~

脱穀から味噌へ!大豆プロジェクト続編
脱穀までようやく辿り着いた味噌作りへのステップ。ここまで手作業でやるとなると味噌は買った方が安いんじゃないか?という話になりました。とにかく手間は凄いが楽しみも倍増です。畑作りから始まった味噌作りもいよいよ大詰め。採れた大豆はおから味噌研究科の松田 由己さんに手作り豆腐を作っていただき、出来立て手作り豆腐を楽しんだあとに味噌を作ることに。1日で大豆のパワーを存分に楽しめることに本当に感謝です。

【スーパーフード特集】第五弾!デトックス効果がある「モリンガ」に注目!

スーパーフード!モリンガってなんですか?!
モリンガとは、葉・種・茎・根・花とすべて食べる事ができるワサビノキ科の木で、白くて可愛い花が咲きます。原産は北インド、最大の生産地もインドです。国内産もありますが少し割高ですね。昔からアフリカやインドネシアなどの熱帯・亜熱帯地域では薬や美容や健康のために使われていたんです。モリンガの木は成長が早く、1年で実をつけて2年目になると10メートル以上にもなるそう…。驚きの生命力ですよね。

畑から着工!手作り味噌に挑戦!

日本人の食卓に欠かせない調味料、味噌。
普段何気なく口にしているこの調味料、皆さんは買っていますか?それとも作っていますか?買うとなると納得出来る質の物は値段が張る。
そして持って帰るとなると重い!かと言って作るといっても、どうやって?手間がかからない?失敗しない?と、気にはなってはいたもののなかなか手を付けられなかった味噌作り。畑仲間からのお誘いで、ついに今年は手作り味噌を作れることになったのです。

オーガニック料理ソムリエがおすすめする、これからオーガニック料理を始める方へのポイントをご紹介します。

オーガニック料理初心者に送る…まずはコレをやるべきシリーズ①

実はオーガニック料理ってハードルが低い?!
皆さん、オーガニックやオーガニック料理と聞くと、どういうイメージを持たれているでしょうか。比較的、価格が高い・高級品、調理が難しい、我が家では無理…のようにハードルが高いイメージを持たれている方が多いようです。私自身も憧れからオーガニックに興味を持ち、勝手にハードルが高いものだと感じていました。でも実は、案外身近で簡単なのです。

私も合格しました!人気資格「オーガニック料理ソムリエ」講座!

今年に入って、オガライフの担当さんに「私、オーガニック料理ソムリエの資格取ろうと思うんです!」と宣言。
3月3日に合格証を手にしました。その間、他のオガライターさんも合格され、記事を書かれていて、「やっぱり人気の資格なんだなぁ…」と実感。聞けばモデルさんや現役Jリーガーも取得しているとか。1日で取得できるので、忙しい人にもピッタリというわけですね。さらに上級のシニア・オーガニック料理ソムリエ、エキスパート・オーガニック料理ソムリエを目指すには、1年間講座に通うことになりますが、オーガニック料理ソムリエの肩書でも料理教室を開いたり、講師として活動することが可能なのです。

ビーガン?シリアック?グルテンフリー?海外ではよく目にする、耳にするオーガニックワードをまとめてみました。

ビーガン?シリアック?海外生活の中で耳にした、オーガニック用語とは?

海外で初耳!オーガニックな生活を送る人々の間で日常的に使われていた言葉をまとめてみました!
私は、オーストラリアとニュージーランドに1年半程、滞在していました。海外では、すでに定着しているオーガニックな生活。あちこちにオーガニックショップがあり、意識が高い人達も多く、私が働いていたレストランでも、ビーガンメニュー、グルテンフリーメニューなどが、必ずといっていいほどありました。その中で、お客様から初めて聞いた言葉もあり私自身も、頭の中が混乱する時があったので、まとめてみました!