ホーム > トップストーリー
今回も前回に続き、帯広・ビオまるしぇにて、生産者さんに学ぶオーガニック野菜のおいしい食べ方をご紹介します。

帯広・ビオまるしぇを思い切り楽しむ!生産者さんに学ぶオーガニック野菜のおいしい食べ方

まだまだある!帯広・ビオまるしぇの楽しみ方!
先日の記事に引き続き、今回は帯広・ビオまるしぇで食べたおいしいサラダと思い出の味、さらに生産者さんに教えてもらったオーガニック野菜の食べ方についてお伝えします!

サンフランシスコのファーマーズマーケット情報です。

オーガニックとグルメの街、サンフランシスコ・ベイエリアの暮らし!

みなさんは、サンフランシスコと聞いてどんなことを思い浮かべますか?
急な坂道をコトコト走るレトロなケーブルカーや路面電車、ゴールデンゲートブリッジ、昔懐かしいTVドラマ“フルハウス”(私はあれが大好きでした!)にも登場するカラフルなビクトリア朝の美しい街並み…。サンフランシスコはこんな風情ある観光地以外にも、オーガニックの街、クリーンなエコシティという顔も持ち合わせています。週末はたくさんの人で賑わうファーマーズ・マーケット、ありとあらゆるオーガニック食品や生活雑貨を取り揃えるスーパーやショップ、地元産の食材を使ったシンプルな料理が楽しめる高感度なレストランなど…。“人にも地球にも優しくて美味しい”自然派の暮らしとグルメが日常に溶け込む、素敵な魅力で溢れています。

この秋おすすめの、オーガニックコスメ情報をお届けします。メイクのポイントとともにお読みください。

この秋試したい!オーガニックコスメ最新情報をお届け!

Hi there!暑い日々が続いていますが、朝晩の気温がゆっくりと下がり始めました。
最近、朝ヨガをしながら朝日のエネルギーを取り込もうと4時ごろ起床すると、ひんやりとした、心地よい風を感じることができます。「あーいつの間にか秋に近づいているな」としみじみ思うこの頃。今回は、足音が聞こえてきた秋にぴったりのオーガニックコスメの最新情報をお届けします。もちろんリサーチャーは、ライターMIYOが行いましたよ^^

今回はヨガの哲学についてご紹介します。ヨガをもっと楽しむために、ヨガの哲学、歴史について一緒に学びましょう。

ポーズだけではない、穏やかな心を養うヨガ哲学①

体操のみではない、ヨガの哲学
ヨガ、と聞くと多くの方が思い浮かべるのが、様々な恰好をして体を動かしていく体操のような側面かと思います。私は地元横浜でヨガ指導を4年行っておりますが、毎回レッスン冒頭でヨガ哲学の小話をしています。体操のみではない部分、ヨガ哲学についてもっと知っていただけたら、きっと皆さまのヨガが倍楽しくなると信じています。

帯広で開催された、ビオまるしぇのレポートをお届けします。

食の宝庫・とかち帯広の魅力満載!ビオまるしぇに行ってきました!

食の宝庫・とかち帯広の魅力満載!ビオまるしぇに行ってきました!
地元帯広で開催されている青空マーケット、ビオまるしぇ!
少し前になりますが、私の地元・帯広で開催されているビオまるしぇに行ってきました。今回はとかち帯広のご紹介とともに、おいしい食材が並ぶビオまるしぇの魅力についてお伝えします!

「情熱!ファーマーズフェスタ~『むさし』の農と食が二重まる◎~」に行ってきました!

都立小金井公園で行われたファーマーズフェスタ。
5月19日(土)・20日(日)、桜の名所としても有名な都立小金井公園で行われた「情熱!ファーマーズフェスタ~『むさし』の農と食が二重まる◎~」。
JA東京むさし青壮年部(若手農業者団体)の創立20周年記念事業として開催されたイベントでした。
心配された雨が降ることもなく、青空の下で開催されたこのイベントは、青壮年部の方々の農業に対する熱い想いが詰まった「都市農業」を俯瞰できる、ステキなイベントでした。

34,383名が来場して大盛況のオーガニックライフTOKYO、イベントレポートをしに行ってみた!

オーガニックライフTOKYOに行ってきた!
こんにちは、YUMITです。今回、オガライフさんより「YUMITさん、一緒に行きませんか?」とお誘いを頂き、オガライターとしオーガニックライフTOKYOにイベントレポートに行ってきました。オガライフさんと一緒に同行させていただき、当日の様子をレポートさせていただきたいと思います♪

“おもてなしの基本”カジュアルな料理の盛り付けとちょっとした献立アイデア

もう困らない!すぐ試せる“カジュアルなおもてなし”の献立をご紹介!
前回、少しおもてなしについて触れましたが、今回は具体例をお伝えしていこうと思います。手軽なお料理を使っておもてなしができれば、頻繁にお友達を呼んだり、身近な方をもてなしたり、ひなまつりやハロウィーン、クリスマスなど様々なイベントでも楽しい時間が過ごせますよね。いつものお料理で特別感を出すことができるなら、手の込んだ献立を考えずに、いつだって気軽にお客様をお呼びすることができるようになります。