日本と海外のオーガニック文化

メキシコではお盆にパンを食べる?!メキシコの「死者の日」

投稿日:2022年10月28日 更新日:

メキシコの「死者の日」とお盆とハロウィン

メキシコでは11月1日と2日は「死者の日」(El dia de Muertos)です。一年に一度死者がこの世界に戻るとされ、家族や友人は死者を思い、死者と会話し、皆で楽しく過ごす日です。映画「リメンバー・ミー」ではその様子をカラフルでコミカルに表現されています。また、11月1日に死者を迎え、11月2日に死者を送り出すところは日本のお盆と似ています。日にちが近いので混乱しやすいのですが、10月31日のハロウィンは外国から来たものとして、日本と同じように楽しまれています。子供たちの学校でも毎年コスチュームコンテストやパレードが行われたり、近所の家を回って「トリック・オア・トリート」(スペイン語:ドゥルセ・オ・トゥルコ(Dulce o truco))も盛大に開催されています。コスチュームにはメキシコらしい骸骨やカトリーナ(Catrina)に扮する人が多いです。

 

「死者の日」の飾り

死者の日にはそれぞれの家の中や家のそとに祭壇(Ofrenda, Altar)を用意し、死者の写真や生前好きだったもの、お花、蝋燭でカラフルに飾ります。面白いのは砂糖でできた頭蓋骨や死者のパン(Pan de Muerto)もお供えすることです。

旧市街の街中や教会、墓場などはカラフルなガーラントやオレンジ色ののマリーゴールド、花びらの絨毯などで飾り付けられ、スーパーの一角でさえも飾り付けを見ることができます。10月のメキシコはマリーゴールドのオレンジ色とハロウィンや秋の恵みへの感謝など、街にはオレンジ色があふれています。

 

死者のパン (Pan de Muerto)

この時期に私が毎年楽しみにしているのは死者のパンです。丸い形は骸骨を、細長いラインは骨を表しています。甘くて軽いパン生地で、噛むとアニスシードとオレンジの香りがします。10月に入ると、パン屋やスーパー、コストコでさえも死者のパンを販売し、食べ比べをするのが好きです。中でも気に入っているのが、フランス人のパン屋さんサントノーレ(Saint Honore)です。メキシコの人たちはホットチョコレートにパンを浸しながら食べます。

 

大切な人に思いを馳せよう

死者の日には好物のものやお花を持ってお墓を訪れ、お墓の前でピクニックをする人たちもいるそうです。この日はとにかく明るくカラフルに飾って死者を迎え、共に素敵な時間を過ごすための日ですね。こんなに楽しく迎えられたら、死者の人たちも現世に戻るこの二日間をとても楽しみしているのではないでしょうか。死者も生きている人も関係なく、大切な人に思いを馳せながら過ごしたいと思う二日間です。

参考:
オリエンテ大学(メキシコ)
https://www.uo.edu.mx/blog/todo-lo-que-no-sab%C3%ADas-sobre-el-pan-de-muerto

オガライフライター michiko.obuchi さん のプロフィール


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

michiko.obuchi さん

メキシコ在住。主人と3姉妹と大型犬2匹の5人と2匹家族。大学卒業後、青年海外協力隊保健体育隊員として、エクアドルに派遣される。帰国後結婚し、主人の転勤でタイのバンコクに移動、3人の子供をもうける。10年間バンコクで暮らした後、日本へ本帰国。東京で1年半過ごした後、メキシコのプエブラ州で4年間過ごし、現在はメキシコのケレタロ州で暮らしている。数多くの国へのノマド生活の中で、たくさんの人々と出会い、学び、助けれられて今に至る。語学・ヨガ・ピラティス・アロマテラピー・クラフト・編み物・お菓子作り・サーフィンなど浅く広く続けながら、日々、生きる喜びを噛みしめている。特に、45歳で始めたサーフィンは一番新しい挑戦。今まで自分を育ててくれた人々や地球に感謝し、恩返しをするつもりで、残りの半生を生きていこうと決めている。

-日本と海外のオーガニック文化
-

Copyright© オガライフ , 2022 All Rights Reserved.