Sayaka さん

子どもが2人で4人家族、瀬戸内海が見える田舎で過ごしています。
服やメイク・食べることが大好きで、おしゃれなママさんになりたい主婦。以前はホットヨガスタジオでヨガインストラクターとして働いており、現在は育児に集中する為に退職。子どもが生まれた事をきっかけにベビーヨガ・キッズヨガ・マタニティヨガの資格を取得。妊娠・出産・育児中のホルモンバランスの変動からくる、心の変化についても学習し、アンガーコントロールの資格も同時に取得。世の中の女性やお母さん方、そして男性・お父さん方には、女性の気持ちや身体を理解し支えてあげてほしいという気持ちを込めて、記事を執筆していきます。

Instagram
https://www.instagram.com/aoasa.mom/

 

MAMANITY YOGA® マタニティヨガ  MAMANITY YOGA® キッズヨガ MAMANITY YOGA® ママのためのアンガーコントロール
JADP ベビーヨガインストラクター JLA パーソナルリンパケアリスト

 

執筆記事

女性のお悩み・PMS・生理 子どもの食育・食事・教育について トップストーリー

イライラの上手な対策は?全国のお母さんに知ってほしいアンガーコントロールとは?~前編~

「アンガーコントロール」とは、「怒りを予防した上で制御していく技術。仕事やプライベートでのコミュニケーションを円滑に進めるスキル」になります。出来事に対する自分の姿勢が感情を生むので、過去を引きずる事は逆効果。未来志向が重要で、「自分はこうありたい!」と理想の未来を描き、思考と行動パターンを変えていきましょう♪

ヨガ・アーユルヴェーダを楽しむライフスタイル

子供と一緒にヨガ!おすすめキッズヨガのポーズをヨガインストラクターがご紹介!~4歳・5歳編~

4歳、5歳になると大人顔負けの弾丸トークをする子もいたりします。この時期は精神面と同様に身体も大人に近づいていきます。足根骨が成人と同じ7個になり足の土台が安定し、片足立ちなどができるようになったりと足を使った運動が巧になります。今回は、4歳から5歳の子どもと一緒に楽しめるストレッチ・ヨガのポーズをご紹介していきます。

ヨガ・アーユルヴェーダを楽しむライフスタイル おすすめ記事

子供と一緒にヨガ!キッズヨガのやり方をヨガインストラクターがご紹介!~3歳編~

キッズヨガとは、子どもたちが安全に楽しくヨガができるように、そしてヨガの効果を得られるように、呼吸やポーズをアレンジしたものです。欧米では幼稚園や小学校の授業に取り入れられるなど一部の教育として根付きつつあります。基本は、成人向けのヨガと同様で、呼吸法とアーサナ(ポーズ)が中心ですが、キッズと一口に言っても年齢や発達段階によって、できる事・できない事、した方が良いこと・しない方がいいことがあります。ここでは初めてふれるヨガとして「3歳編」のポーズをいくつかご紹介していきます。

投稿日:2021年2月11日 更新日:

Copyright© オガライフ , 2021 All Rights Reserved.