ホーム > 健康ライフ > 女性必見!ローズウォーターのすゝめ!

女性必見!ローズウォーターのすゝめ!

 

 

乾燥の季節に突入です!カサカサになりがちな、お肌や髪への救世主は、ローズウォーター!?
乾燥が気になる方は、必見です!

 

最近、朝晩の気温が肌寒くなってきました、今日この頃。
毎年この時期になると“乾燥”を意識せざるを得ませんよね。
毎年、肌や髪が、なるべく潤いを保てるようにと、色んなブランドの高保湿とかかげている化粧水、オイルやクリームなど、様々なものを試してきましたが、
コレは良いかも!と実感があったものは、ごくわずかで、高級だから効果がある!!とも言い切れないような気もします。
(長期間の使用が必要なのかもしれませんが、コスパが、、、。)

毎日、使うものだから、できればコスパも良い方がいい!
なるべく、ナチュラルなものがいい!
もちろん、効果が実感できるものがいい!
この3拍子そろったものは、やっぱりなかなか見つけるのが難しい。

何年か前、先輩と旅行したニューヨークが、想像以上に寒くて、乾燥していて、
その時に、現地のファーマシー(薬局屋)で購入した“ローズウォーター”の効果に満足して、沢山買って帰った記憶を思い出し、再購入!
今回は、是非皆さんにも、この冬1度お試ししてもらいたい“ローズウォーター”をご紹介していこうと思います!

 

 

そもそも“ローズウォーター”って何!?
その効果とは??

 

ローズウォーターとは薔薇を蒸留した際に、蒸留水とオイルに分けられるのですが、その蒸留水が“ローズウォーター”、
オイルが“ローズオイル”と呼ばれています。その名の通り、薔薇の天然成分が抽出された薔薇の水なのです!

では、その効果と言いますと…!
少し調べて見ると、私の想像以上に沢山あったようです。

日焼けした肌などを落ち着かせる鎮静作用や肌荒れやニキビを予防してくれる抗菌作用、抗炎症作用などは知っていたのですが、このほかにも

  • 抗うつ作用
  • アンチエイジング効果
  • ホルモン調整作用
  • 食欲調整作用
  • 抗不安作用
  • アレルギー緩和
  • 皮膚軟化作用
  • 湿疹緩和
  • 保湿作用
  • 浄化作用

などなど、こうしてみてみると女性を凄くサポートしてくれるアイテムかもしれませんね!
あのクレオパトラや聖母マリアなど歴史上の方々も愛用していたとか!?
ローズの香りを纏うだけでも女子力アップした気分になるものです!

 

 

“ローズウォーター”がお家でも作れる!?

 

よりオーガニックのローズウォーターを求めている方は、手作りローズウォーターもオススメです!
手作りローズウォーターの方法も、蒸留させるのに2時間以上かかる方法もあるのですが、今回はお家でも簡単にできるローズウォーターレシピをご紹介します!

《準備するもの》

  • オーガニックの薔薇の花びら(農薬などを使っているものは避けましょう)1カップ
  • 蒸留水 2カップ
  • 計量カップ
  • ガーゼ
  • 大きめの鍋
  • 耐熱ボウル
  1. 蒸留水を鍋で沸かす。
  2. オーガニックの薔薇の花びらを耐熱ボウルに入れる。
  3. 沸かした蒸留水を花びらの上から静かに、まわしかける。
  4. ホコリなどが入らないように、お皿や布などでカバーする。
  5. 30分ほど放置。
  6. 他のボウルにガーゼをかける。
  7. 花びらの入ったお湯をガーゼの上から流し入れ、濾す。
  8. 濾した後、蓋付きのガラス瓶などに移し入れ完成。

※  冷蔵庫で1週間ほど保存可能ですが、できるだけ早く使いましょう。
※  お肌に合わない場合はただちに使用を控えましょう。

 

 

ローズウォーターの用途は様々!
自分に合った取り入れ方を見つけてみてもいいかもしれません!

 

ローズウォーターは、スキンケアで使用するほかにも、沢山用途があります。

髪と頭皮にも、ボディにも、入浴剤として使用したり、枕などにふりかけリネンウォーターや、
ほのかに香るナチュラルなフレグランスとしても使用できます。ドリンク用のローズウォーターなどもあり、身体の内側からキレイになれそうですよね!

今は、日本でもオーガニックショップやネット販売で購入できるから便利ですよ!

オーガニックのコスメやスキンケアなどの情報もあわせて配信していきます♫
お楽しみに!

 



Loadingお気に入りに追加する

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
emmaさん

歯科衛生士として10年間勤めたのち、海外移住を決める。
30歳でギリホリ(ワーキングホリデー)にて、オーストラリアに1年間滞在。
その後ニュージーランドにて半年間程過ごし、その中で出会った人々のオーガニックライフに興味を持つ。
”自分を幸せにしてあげるために”
を日々意識しながら、自分なりの無理をしすぎないオーガニックライフを探究中。