ヨガを楽しむ

ヨガ・アーユルヴェーダ的朝の毒出し習慣~シャットカルマ~

投稿日:2019年1月1日 更新日:

ヨガ・アーユルヴァーダの知恵で朝のデトックス

 

朝は1日のチューニングをするのにとても大切な時間。
寝坊をして慌ただしく家を出る…
ではなんだか心も落ち着かないし、ちょっと勿体無いです。

今回は私が毎朝行っているアーユルヴェーダの教えに沿ったルーティーンを紹介したいと思います。
アーユルヴェーダでは未消化物はアーマと呼ばれ、心身全ての不調の根源だと言われています。
そんなアーマを取り除き、この世界と私たちの接点である、五感をクリアにしていい一日を始めましょう。

 

朝のルーティーン

 

・ハーブでアイパック

朝起きたらまず、ベッドサイドテーブルに用意してある冷やしたオーガニックハーブティーパックを目の上に乗せてパックします。
アーユルヴェーダでは目は火(ピッタ)をつかさどり、熱を溜めやすいので冷やすのが良いとされています。
むくみもスッキリ取れて、ハーブの香りでスッキリ目覚められます。

 

・クリスタルチューナーで空間の浄化

みなさんクリスタルチューナーを知っていますか?

 

チューナー(写真右)でクリスタルをたたいて4096㎐の音を出します。
この音は天界への扉を開く、と言われるているくらい内なる自分を目覚めさせ、空間の邪気も払ってくれます。
私は電磁波や人疲れした時、頭痛がある時も和らげてくれるのでいつも使っています。

 

・白湯を飲む

やかんで白湯を作ります。
白湯はトリドーシャ(ヴァータ、ピッタ、カパ)のバランスが整った完璧に純粋な飲み物。
ゆっくり沸騰させてちびちびと飲むのがポイントです。

 

・タングスクレーパー

 

これは銅でできた舌苔をとるものです。
下はスロータス(毒物の通り道)の出口なので、未消化物はここから出てくるとされています。
なのでこの舌苔がどれだけ毒素が溜まっているのかをみるバロメーターになります。
口臭予防にもいいみたいですよ。

 

・ジャラネティ

ジャラネティとは鼻うがいのことです。
下の写真のネティポットを使って塩水で鼻を浄化します。
風邪予防にもいいですし、花粉のアレルギーが辛い方はこれをやると症状が軽減されてオススメです。

 

・オイルプリング

これは時間があるときに行うのですが、ココナッツオイルや白ゴマオイルを口の中に含んで20分くらいうがいをすること。
歯磨きだけでは取れない汚れをきれいにしてくれて、顔も引き締まる嬉しい効果もあります。

 

・太陽礼拝

太陽礼拝という今日1日この世界を明るく照らしてくれる太陽に感謝をする一連のヨガのシークエンスを行います。
全身を使うヨガ的な動きが全て入ったものなので、身体を温め、新陳代謝をあげてくれます。

 

・アヴィアンガ

これもかなり時間に余裕があるときに行うもの。

 

セサミオイルやオリーブオイル、ココナッツオイルなど体質にあったものを使って全身をマッサージします。
デトックス効果が高く体が軽くなり、肌もツヤツヤになるのですが、時間がないと厳しいです。笑
なので全身はできなくても膝下だけ、とかお顔だけでもいいのでやってみてください。

 

朝のデトックスでいい1日を

いかがでしたか?
結構やること多いな、と思われたかもしれませんが慣れればそんなに時間もかかりませんし、これをやるとやらないでは大違いです。

アーユルヴェーダでは午前6時までがヴァータの時間で起きるのに良い時間とされているので少し早起きして取り入れられそうなものから無理のない範囲で実践してみてくださいね。

 


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Emaさん

Emaさん

幼い頃から精神的な苦しみを抱え、学生時代に摂食障害とうつ病を発症。 以来、スピリチュアルな探求をし、心身の健やかさを「自然との調和」に見出す。 オーガニックなチョイスをすることは自然と共生し、そのエネルギーやパワーを受けること。 そこにヨガやアーユルヴェーダのホリスティックな考え方を加え、全てのものが幸せで やさしい愛に満ちた世界を願っています。 “We already have Everything inside ourselves”

-ヨガを楽しむ
-

Copyright© オガライフ , 2019 All Rights Reserved.