ヨガ・アーユルヴェーダを楽しむライフスタイル

おうちでストレス解消!ヨガインストラクターが1日10分でできる自宅ヨガをご紹介!

投稿日:

全身運動でカラダすっきり!自宅でパワーチャージしよう!

コロナ禍になってから、おうち時間が増えて運動不足を感じている方も多いかと思います。
・運動不足でカラダが重く感じる
・なんだかスッキリしない
・もやもやして思考が働かない
このようなお悩みをよく耳にします。YouTubeを見たり、ジム、スタジオ、オンラインレッスンを受けたりする方も増えていますよね。運動したいけど苦手で…時間がなくて…、やりたいけど何からやって良いか分からない…そんなお悩みを持つ方におすすめ!今回は全身運動になるヨガフローをお伝えします。

 

全身の準備運動になる太陽礼拝

太陽礼拝は12の動きでできているフロー(流れ)のヨガです。元々は太陽にお祈りや感謝を伝えると言う意味があり、1年12ヶ月かけて太陽が移動するところから12のポーズになっていると言われています。一連の流れであれば5分かからず終わります。2、3回やるだけでもカラダがポカポカと温まります。呼吸に合わせて反る、前屈、伸びるなどを繰り返す事で全身が目覚める動きになっています。

 

太陽礼拝のやり方ご紹介!

今回はちょっとアレンジを加えショートバージョンでお伝えします。
マットの前の方からはじめます。足裏全体でマットを感じ空へカラダを伸ばしていくイメージで真っ直ぐ立ちましょう。

骨盤もマットと垂直になるように意識しておしりにも軽く力を入れ姿勢が整ったら動いていきます。

1.胸前で合掌、吸う息で合掌を斜め下から頭上へあげます。

2.吐く息、股関節から折れるように前屈。

3.吸う息で頭をあげて背中を伸ばします。

4.吐く息で両手を床につき、両足を後ろに下げてプランク(板のポーズ)

5.足の位置、幅を調整しながらお尻を上に突き上げてダウンドッグ(犬のポーズ)。※膝は緩めたままでも大丈夫です。

そのまま3~5呼吸ほどキープします。
最後の息を吐ききったら足を手のあいだに戻します。

6.吸う息、頭を上げて背を伸ばし吐きながら前屈。

7.吸う息、両手を横から頭上で合掌、吐きながら胸前で合掌です。

太陽礼拝なので、目覚めの朝にやるのがおすすめです!カラダが硬いままでもフローで動いていくなかでカラダがほぐれていくのを感じてもらえると思います。次回は少し難易度をあげて太陽礼拝のフルバージョンでお伝えしていきますね。

 

自宅ヨガをするときには呼吸を意識しよう!

ヨガはポーズをとるというイメージが強い方が多いかと思いますが、必ずこうしなければいけない!と言う事は無いと思っています。自分の心地よさ、カラダの状態と向き合いながら行う事で日々の変化を実感できるようになります。動きと合わせて呼吸を意識する事で、内臓もほぐされてカラダの内側からスッキリしますよ!吸う息、吐く息を合わせて感じながら、おうち時間でパワーチャージしてくださいね。

オガライフライター Sakiko Ishii さん のプロフィール


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Sakiko Ishii さん

はじめまして!毎日元気いっぱいな男の子の育児に奮闘ししながら、ほぐすヨガをメインに活動しているヨガインストラクターのSakikoです。大学では栄養学を学び、会社勤めの生活をしていく中で自分自身の健康や美容の維持を考え、何歳になっても女性として美しく健康でありたいという意識が高まりました。習いに行く事も考えましたが、どうせなら自分自身のスキルアップの為に資格を取ろう!と会社を退職。資格取得後、フリーランスでの活動をスタートさせました。 その後、妊娠・出産を経験しただ今育児中!産後、体の変化、心の変化、など沢山の変化を経験しどれだけ自分自身のケアーが大切かを実感しました。私自身が経験した事をもとに、カラダやココロの健幸やケアーについて今悩んでいる方たちへ、、、ヨガや食事、東洋医学などの面から楽しむ気持ちを第一にお届けします。元気が取り柄、ちょっと抜けた所もありますがそんな面も含めて楽しく読んでいただけたらな、と思っています。

-ヨガ・アーユルヴェーダを楽しむライフスタイル
-

Copyright© オガライフ , 2022 All Rights Reserved.