オーガニックフード(食材・食品・メニュー) オーガニックな食事・食生活

薬膳マイスターがミネラル摂取をおすすめする理由~後編~

投稿日:2019年7月4日 更新日:

薬膳マイスターがおすすめする美容に良いミネラル

美容に関わるミネラルといっても、ミネラル自体もすべてバランスよく摂ることが絶対条件!
ですが、美容に良いミネラルはほかより少しでも多く摂取したいですよね?!ミネラルは、糖質、脂質、たんぱく質の代謝に関わるものが美容に必要なものだと思います。

三大栄養素の代謝に関わるミネラル一覧

ミネラル 主な役割
ナイアシン 糖質・脂質・たんぱく質
ビオチン 糖質・脂質・たんぱく質
パントテン酸 糖質・脂質・たんぱく質
クロム 糖質・脂質・たんぱく質
塩素 たんぱく質の消化促進
亜鉛 たんぱく質の代謝に関与
コバルト ビタミンB12の構成成分

これらミネラルは、ご存知の通り体外から摂取しなければいけない栄養素です。
僕は料理をしますが、異常なほど面倒くさがり屋です。多くのミネラルを摂ることは、とても難しいですし面倒くさかったりします。そこで今回はミネラルの摂取を気をつけてダイエットにも成功したそんな僕が、上記のミネラルをできるだけ簡単に摂る方法をお伝えします。

 

薬膳マイスターがおすすめするミネラル摂取に優れた食べ物&考え方3選

1・塩をぬちまーすにする。
2・玄米、全粒粉などホールビーンズで食べる。
3・玄米味噌や黒大豆味噌などの良い味噌を多く取り入れる。

 

・ぬちまーすにする

なぜ減塩・無塩が叫ばれているのに塩分を摂取することをおすすめするのか?塩分を少なくするというのは、塩の主な成分の塩化ナトリウムを減らそうという意味。僕自身毎日使っていて、みなさんにもおすすめしたいのが「ぬちまーす」です。ミネラル豊富なこの塩は、他の塩にはあまり含まれていないミネラルも含んでいます。そのためミネラル豊富な塩としてギネスにも認定されています。

塩化ナトリウムの量も少なく、塩分は約25%カットされています。そのまま舐めてもしょっぱすぎることもなく美味しいと思うので、料理に使うだけではなく、この夏は、ミネラルウォーターに混ぜて飲んでもいいかもしれません。

 

・ホールビーンズで食べる

ホールビーンズとは、薬膳やマクロビオティックなどを取り入れている方ならご存知のワードですが、皮や種まで捨てることなくすべて食べるという考え方ですね。まず、精製された白い米ではなく、玄米を食べることをおすすめします。玄米は、時間がかかるし、ぼそぼそして嫌だという方は、分搗き米から食べるのをおすすめします。

また近年、日本人の主食にパンを食べる方が増えてきているようです。パンは小麦を使った加工品ですが、主流は精製された小麦のパンが多く売られています。これも全粒粉という生成されていないものに切り替える方が良いでしょう。また玄米同様、ぼそぼそした触感があり苦手な方は、分搗きの小麦を使用したものから取り入れていきましょう。そしてグルテンフリーが、広まっている現代。小麦の商品、パスタやパンなどを食べるなんてありえないという方は、グルテンフリー食品に変える前に、グルテン量の少ないスペルト小麦など古代小麦という小麦を使用した食品を選びましょう。これは、人工的な品種改良のされていない品種の小麦になります。

NON-GMOが健康に良いと言われているので、今後取り入れるのは、古代小麦や古代米などというようなものに切り替えても良いでしょう。ちなみに僕はパスタが好きで、食べる際は必ず古代小麦100%のパスタを使っています。

 

・味噌を食べる

大豆製品は、ミネラルやビタミンのほか、サポニンやイソフラボンなどポリフェノール類も多く含んでいるので、健康・美容に良い食品だと思います。僕自身もふだんから以前ご紹介させていただいたオーガニック味噌を使っています。味噌をおすすめするのは、それだけでなく、薬膳的な目で見ると、生まれた環境・育った環境によって体が受け入れるか受け入れないか差が出てくるようです。僕たち日本人の場合、先祖代々大豆製品を食べてきていますし、子供の頃から味噌汁を飲む習慣があるご家庭も多いと思います。味噌は、積極的に取り入れていきましょう。

 

薬膳マイスターがおすすめする美容ミネラル「ケイ素」って何

日本の栄養学には、ケイ素を摂りましょうとは書いていないのですが、決して毒ではありません。海外のセレブで、僕もほれぼれしてしまう美女たちは、これをすでにライフスタイルに取り入れているそうです。日本でも、最近「シリカ」とい言葉で、広まりつつあり健康を意識している方たちは、シリカ水を飲んでいる方が多いです。少し前に「雑誌veggy」でもご紹介していたりと丁度今が旬の時期ではないでしょうか。

 

薬膳マイスターがおすすめするミネラルの摂り方

いかがでしたでしょうか?
今回は、ミネラルと美容をメインにお話させていただきました。

復習:ミネラルを手軽に簡単に摂取できるもの3つ
1・使っている塩をぬちまーすにする。
2・玄米や全粒粉のホールビーンズの食生活にする。
3・味噌を取り入れる。

+αで注目のミネラル「ケイ素」を取り入れる。
これらを摂ると糖質、脂質、たんぱく質の代謝も良くなり、美容にとても良いでしょう。
みなさんも是非今日ご紹介した食生活を1度してみてください。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ゆきひろさん

ゆきひろさん

大学卒業後、「薬膳について知りたい」と思い薬膳マイスターの資格を取得。 そこからオーガニックライフやヘルスライフに興味を持つようになりました。 もともと読者であったベジタリアンマガジン「veggy」で働き、さらにオーガニックや健康について広く深く情報を知ることで、もっとこの情報を広めていきたいと思う。 現在は、個人サイトとインスタグラムにて、主にパスタと健康に関することを発信中。 資格:薬膳マイスター 個人サイト:pasta-health.com インスタグラム:https://www.instagram.com/hamanoyukihiro/

-オーガニックフード(食材・食品・メニュー), オーガニックな食事・食生活
-

Copyright© オガライフ , 2019 All Rights Reserved.