ヨガ・アーユルヴェーダを楽しむライフスタイル

ゆっくりココロを元気にする!夏のはじめのヨガストレッチ!

投稿日:2022年7月3日 更新日:

頑張り屋さんほど呼吸を意識!ココロと呼吸の関係

今回はココロと呼吸を意識したお話しをご紹介したいと思います。東洋医学では、春に頑張った「肝臓」からバトンをうけて「心臓」が頑張る季節。自然界もカラダも大きく巡り出す夏の季節がやってきました。夏は今までの殻を破って新しい自分を見つけて発展・成長させていくタイミングにも良いとされています。

ただ、春からの新しい生活で頑張り続けている方は少しココロの疲れも出やすかったりすることもあります。もし、気になる方は、呼吸を意識してみてください。頑張り屋さんほど呼吸が浅く、肩で呼吸している方が目立ちます。そんな頑張っているかたへ、今回はココロもカラダも緩み呼吸がしやすくなるヨガストレッチをご紹介します。

 

実践!ゆっくり呼吸をしてみよう!呼吸とからだの緩みを感じてみましょう!

この記事を読みながらでも、リラックスタイムでも実践できるタイミングでぜひやってみてください。呼吸をしよう!という意識よりも呼吸がカラダに入ってくる『イメージ』をすることが大切◎ご自分のカラダの動きに気づきを向けてみて下さい。

・鼻からゆっくり吸って、ゆっくり大きく口から吐ききります
・もう一度鼻から吸う息、下腹部からふくらみ、お腹、胸・背中・鎖骨のあたりまでふくらんでいきます
・吸いきったら、口からゆっくり吐きましょう
・カラダや肩の力が徐々に抜けいくのを感じてみましょう

息を吐ききることで肩が自然と下がっていくと思います。私も日頃やっている呼吸で、カラダのこわばりや、力み、イライラしてるな、と感じた時に実践しています。緩む気持ちよさを感じることができるのでおすすめです!

 

疲れた日のおウチケア!ココロとカラダが緩むヨガストレッチ

・体側伸ばし~バリエーション~

①あぐらの姿勢で座ります。(あぐらが辛いかたは正坐でも椅子に座った状態でも◎)

②座骨を立てて座り、背を伸ばします。

③右手を床につき、吸いながら左手を天井に伸ばし吐きながら右に倒します。

④③の状態から上に伸びている手を後ろに引き胸を天井方向に向けてみましょう。

※ポーズがつらい時は無理をせずに呼吸を優先させてください。

⑤左体側が伸びている感覚と、左側の肺が呼吸でマッサージされているイメージをしましょう。ゆっくり3〜5呼吸程おこないます。つらいようであれば回数を減らしてください。

⑥吸いながらゆっくり体を戻し、手を床におろします。

※反対側も行いましょう。

・肩甲骨を動かして胸を開くストレッチ

①あぐらの姿勢で座ります。(あぐらが辛いかたは正坐でも椅子に座った状態でも◎)

②吸って腕を広げ、吐きながら自分自身を抱きしめてあげるようにカラダを丸め呼吸を吐き切ります。この時、背中、肩甲骨を広げるイメージです。

③吸いながら姿勢をもどしカラダの後ろで手を組みます。

④吐きながら手を後ろに引いて肩甲骨を寄せ、カラダの前面を広げます。

⑤②〜④を何回か繰り返してみましょう。3~5回程

 

頑張りたいときこそ カラダとココロにスペースを!

今回は夏の初めのヨガストレッチという事で、呼吸のお話などをお伝えしました。ここからの季節はカラダは発散し、ココロはワクワクドキドキしやすい時期。新しい目標や、頑張りたい事が出てくる事があるかもしれません。大切なタイミングで自分のココロが窮屈になっていたり、カラダが不調だったら頑張り切れませんよね?だからこそ自分の中のスペースはとても大切!ゆっくり呼吸をして胸を開き、カラダを動かし発散させる習慣をつけ新しいものが入るスペースをご自身で作っていきましょう!

オガライフライター Sakiko Ishii さん のプロフィール


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Sakiko Ishii さん

はじめまして!毎日元気いっぱいな男の子の育児に奮闘ししながら、ほぐすヨガをメインに活動しているヨガインストラクターのSakikoです。大学では栄養学を学び、会社勤めの生活をしていく中で自分自身の健康や美容の維持を考え、何歳になっても女性として美しく健康でありたいという意識が高まりました。習いに行く事も考えましたが、どうせなら自分自身のスキルアップの為に資格を取ろう!と会社を退職。資格取得後、フリーランスでの活動をスタートさせました。 その後、妊娠・出産を経験しただ今育児中!産後、体の変化、心の変化、など沢山の変化を経験しどれだけ自分自身のケアーが大切かを実感しました。私自身が経験した事をもとに、カラダやココロの健幸やケアーについて今悩んでいる方たちへ、、、ヨガや食事、東洋医学などの面から楽しむ気持ちを第一にお届けします。元気が取り柄、ちょっと抜けた所もありますがそんな面も含めて楽しく読んでいただけたらな、と思っています。

-ヨガ・アーユルヴェーダを楽しむライフスタイル
-

Copyright© オガライフ , 2022 All Rights Reserved.