おすすめのオーガニックコスメ(化粧品)

アメリカからお届け!手荒れにオーガニッククリームをお試しあれ!

投稿日:2020年10月1日 更新日:

乾燥に加え消毒も…今年も手荒れの季節到来!

ラスベガスからこんにちは!Mihokoです。ラスベガスは、砂漠地帯の為、年中湿度が低いので常に乾燥しているのですが、日本は夏の高温多湿の時期を終え、そろそろ本格的に乾燥が気になる季節の到来ではないでしょうか。さらに、外出先では常に、消毒液、スプレー、ジェル、シート…と、常に手を消毒している昨今。手の潤いも失われがちです。今回は、そんな手荒れの季節にぴったりのオーガニッククリームをご紹介します!

 

手荒れとはどんな状態?

手荒れとは、手の皮膚のなめらかさがなくなり、乾燥して、カサカサ、ザラザラになった状態をいいます。冬になると空気が乾燥して、何もしなくても皮膚がかさつきやすくなるので、手荒れになる頻度もあがります。さらに今は、感染症対策で、こまめにしっかりした手洗いと、消毒もプラスされるので、余計ですね。

また、今は外出先でも、お湯が使えるところが増えてきているので、汚れがよく落ちそうな気がして、熱めのお湯を使ってしまいがちですが、手荒れにはこれもNG。皮脂がお湯に奪われて、さらに乾燥してしまいます。ぬるま湯でも、洗う時間と洗い方をしっかりすれば、汚れはきちんと落とせます。私は実際、いろいろ気を付けていても、カサカサを通り越して、あかぎれのようになってしまいました。アルコール消毒する時に、染みて痛いです。さらに紙も上手にめくれません…(さすがに、指先をペロっとしてめくるのには抵抗が…苦笑)。
外出先でもアルコールスプレー等が設置されていて、これがまた強力だったり…そこで、クリームの登場です!

 

手荒れ対策におすすめオーガニッククリームのご紹介!

ここでは、おすすめのオーガニッククリームを2つご紹介します!

WELEDA “Calendula Intensive Skin Recovery”

WELEDAの商品は、全てオーガニックで、合成保存料、合成着色料、鉱物油不使用、NO GMO(遺伝子組み換え植物不使用)ですから安心です。クリームは、しっかり重みのある感じ。クリーム自体、それほどのびはありません。少しずつとって、よく塗り込むことで、べたつきはほとんど気にならず、お肌にすっと馴染みます。ほのかに自然な香りがします。こまめに、少しずつ塗り続けていくことで、おだやかに手荒れが落ち着いてきます。

 

Era organics “relief”

オーガニックのアロエベラ、シアバター、ココナツオイル、ホホバオイル、マヌカハニーなど、たくさんの天然成分が配合されています。特にこのクリームには、MSM(メチル スルフォニル メタン)有機イオウ化合物が含まれていて、炎症を抑えてくれます(MSMは人の軟骨や筋肉にも含まれています。他には微量ですが、穀物、野菜、果物などです)。手肌のカサツキがひどい時に使います。こちらのクリームもしっかり重みがある感じですが、少量でよくのびます。香りはほとんどありません。特にカサツキが気になる箇所にはしっかりと。就寝前のひと時にしっかりマッサージしながら塗り込むと、翌朝違いを実感できます。

 

手荒れ対策にはひと手間かけて!手の潤いを保ちましょう!

たかが手荒れ。されど手荒れ。手荒れも、ほうっておくと、深刻な症状に発展しかねません。そして、どっきり!手は意外と人に見られています。乾燥が気になる時期、手洗いの後、就寝前の少し長めのマッサージ。是非ひと手間かけて、手の潤いを保ってあげましょう!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Mihokoさん

Mihokoさん

ラスベガスへ移住し4年目。日本では長年、上場企業等で秘書として勤務。年齢を重ねると共に、体調不良に悩まされ、風水の学びから陰陽五行論を知る。万物はバランスの上で成り立っていることに気づき、自分の体もまたバランスが整っていれば心身共に健康でいられると実感。現在は、自然の力を最大限に得られるアロマセラピーについて勉強中。アメリカの日常生活から、食や健康へのアプローチについての情報をお届けします。

-おすすめのオーガニックコスメ(化粧品)
-

Copyright© オガライフ , 2020 All Rights Reserved.