健康的な体づくり 日本と海外のオーガニック文化

アメリカからお届け!日焼け止めの成分って?体に優しい日焼け止めについて考察してみた!

投稿日:2020年8月25日 更新日:

皆さんはどんな日焼け止めを使っていますか

ラスベガスからこんにちは!Mihokoです。こちらはすでに盛夏。砂漠の強い陽射しと毎日奮闘しています。日本もまだまだ夏の暑い日が続きますね。お肌を紫外線から守るために必須の日焼け止め。皆さんはどんな日焼け止めを使っていますか。SPFが高いものはもちろん、UVA波、B波のカット機能、ウォータープルーフ、クリーム、ジェル、スプレーといった各タイプのもの。そして、含まれる成分についてはいかがでしょうか。今回はそんな日焼け止めの成分について考察しました。

 

日焼け止めに含まれる成分について

ハワイ州では、来る2021年1月1日より、サンゴ礁に有害となる成分を含む日焼け止めの販売が禁止となります。その禁止成分とは、オキシベンゾンとオクチノキサートです。これらは、紫外線吸収剤とよばれるもので、皮膚の表面で紫外線を吸収し、熱やエネルギーに変えて(化学反応)、紫外線が肌の内部へ侵入する事を防いでくれます。上記2種類以外にも、メトキシケイヒ酸オクチル、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシルなどがあります。SPFの効果の高い日焼け止めによく含まれる成分です。紫外線を熱やエネルギーに変える際に化学反応を起こすことから、ケミカル日焼け止めとも呼ばれます。この化学反応により、お肌の状態によっては、アレルギー反応がでることがあるようです。

他方で、酸化亜鉛(ジンクオキサイド)や、酸化チタニウム(チタニウムダイオキサイド)を主成分として含む日焼け止めがあります。これらは、紫外線散乱剤とよばれるもので、紫外線を皮膚の表面で散乱、反射させ、紫外線の影響を防いでくれます。体に優しい、ナチュラルな日焼け止めを探してみると、有効成分に酸化亜鉛を使用した、紫外線散乱剤が含まれているものが多く見受けられます。化学反応を起こさないことから、ノンケミカル日焼け止めとも呼ばれます。また、紫外線吸収剤・散乱剤両方を使用したハイブリッド型の日焼け止めもあります。

 

体に優しい日焼け止めをご紹介

ここでは、体に優しい日焼け止めをいくつかご紹介します。

365 Everyday Value 「MINERAL SUNSCREEN」

日本でもお馴染みのWHOLE FOODSブランドのナチュラル日焼け止めです。有効成分は酸化亜鉛で、その他80%がオーガニック成分(サンフラワーオイル、ホホバオイル、ココナツオイル、ビーワックス等)が使用されています。白色無香料クリームタイプで、しっかりのばすことで肌に馴染みます。べたつきもそれほどありません。ウォータープルーフタイプなので、多少の汗にも安心。日差しの強い砂漠で活躍中。多湿の日本でも活躍してくれそうですね。

 

DERMA・E ESSENTIALS 「SUN PROTECTION MINERAL POWDER SPF30」

パウダータイプの日焼け止めです。有効成分は酸化亜鉛と酸化チタニウム。ほんのり色もついているので、日焼け止めクリームの上から顔全体にお粉をのせたら完璧です。日焼け効果を持続するためには、15分おきにお粉をのせてくださいとありますので、ゆるやかな効果のようです。特に、日中の炎天下の中では汗もかきますし、お化粧崩れもあるかと思います。付け心地はとてもいいです。たくさんお粉をのせても、お肌はさらっとしています。

 

BADGER 「SPF15 LIP BALM」

とてもかわいいBADGER(アナグマ)がトレードマークのこのブランド。日本のサイトでも有名なのではないでしょうか。かわいいだけでなく、もちろん効果もばっちりです。日焼けが気になる唇をしっかりカバーしてくれます。有効成分は酸化亜鉛。他のブランドを試した際には、唇が真っ白になってしまった経験がありますが、こちらはその心配はありません。通常のリップクリームと併用して、潤いもしっかりキープ。個人的に唇の皮がむけやすいのですが、このシリーズを使って、かなり良くなりました。

 

日焼け止めを賢く選んで、日差しからお肌を守ろう!

日焼け止めの成分の考察から、お肌に優しい日焼け止めをいくつかご紹介しました。一言に日焼け止めといっても、紫外線吸収剤・散乱剤を使用した2種類があり、ケミカル、ノンケミカルと言われていても、いずれにも化学物質は使用されています。自分のお肌にあうもの、TPOにふさわしいものを賢く選びながら、強い日差しからお肌を守り、しいては、地球環境までも守っていこうではありませんか!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Mihokoさん

Mihokoさん

ラスベガスへ移住し4年目。日本では長年、上場企業等で秘書として勤務。年齢を重ねると共に、体調不良に悩まされ、風水の学びから陰陽五行論を知る。万物はバランスの上で成り立っていることに気づき、自分の体もまたバランスが整っていれば心身共に健康でいられると実感。現在は、自然の力を最大限に得られるアロマセラピーについて勉強中。アメリカの日常生活から、食や健康へのアプローチについての情報をお届けします。

-健康的な体づくり, 日本と海外のオーガニック文化
-

Copyright© オガライフ , 2020 All Rights Reserved.