おすすめのオーガニックコスメ(化粧品)

アメリカからお届け!夏の肌疲れケアにおすすめのオーガニック石鹸ご紹介!

投稿日:2020年9月15日 更新日:

夏の疲れはお肌にも溜まっています!

ラスベガスからこんにちは!Mihokoです。そろそろ暑さもひと段落。空気もカラッとしてきて、ようやく秋の気配を感じられる陽気になってきました。ひと夏を終えて、季節の変わり目の今頃、お疲れはありませんか。お肌も例外ではありません。夏の強い陽射しを浴びて、ジメジメの高温多湿。エアコンの効いた室内は乾燥気味。お肌は気温、湿度の変化についていくのに大変だった夏。今回はそんなお疲れ様のお肌におすすめの、オーガニック石鹸についてアメリカからお届けします!

 

石鹸を選ぶときには石鹸成分をチェック!

水溶液の酸性やアルカリ性の度合いの性質を表す単位に、pH値というものがあります。一般的に、健康的なお肌のpH値は、4.5~6.0くらいと言われています。中性の値は7.0で、それより高い数値がアルカリ性、低い数値が酸性に近づきます。健康的なお肌は弱酸性なんですね。石鹸は、脂肪酸とアルカリを主成分としています。ですから、弱アルカリ性になります。それだと、弱酸性と弱アルカリ性だから石鹸は刺激があるのでは??

いえいえ、皮脂というのは、時間が経つと、酸化してしまうのですね。そこで、酸性に傾いたお肌を弱酸性に戻してくれる働きをしてくれるのが、弱アルカリ性の石鹸となります。ここで、注意しておきたいのは、汗をかいたままにしないこと。汗を放置しておくと、弱酸性の健康的なお肌のpH値から、アルカリ性に近づきます。夏のお肌は、汗をかいて、ふいてを繰り返し、乾燥を防ぐための皮脂のバランスも崩れやすくなりますから、弱アルカリ性の石鹸でpH値を弱酸性に戻してあげましょう。

 

お肌に優しいオーガニック石鹸ご紹介

ここでは、アメリカでも人気の、お肌に優しいオーガニック石鹸をご紹介します。

DR.BRONNER’S ALL ONE HEMP PURE-CASTILE BAR SOAP

日本でも有名なこのブランド。アメリカでも人気です。香りの種類もたくさんあり、毎回選ぶのが楽しいです。洗い上がりにほのかに残る香りがいいです。もちろん、お肌もしっとり。私は、軽めのメイクの日は、よく泡立てた泡で優しく洗い流して、メイク落としは使いません。ボディーソープもおすすめですよ。

 

AUROMERE AYURVEDIC SOAP

こちらも、人気のブランドです。インドのアーユルヴェーダの原材料の一つでもある、薬木「ニーム」(日本名はインドセンダンといいます)のオイルを使った石鹸。薬品を一切使っていませんが、薬用といった感じ。独特の香りがします。これが、またいい!セルフエステをしている気分になり、リラックスできます。泡立ちもよく、まろやか。お肌もしっとり仕上がります。使い続ける事で、お肌のトラブルも解決してくれそうです。

 

オーガニック石鹸で夏のお肌疲れを癒してあげよう!

日本でも、手に入りやすくて、アメリカでも人気のブランドをご紹介しました。どちらも、お勧めです。是非、試してみて下さいね。外気と直に触れているお肌は、まさに、体の最前線。夏の間頑張ってくれた、疲れの溜まったお肌を、オーガニック石鹸で、やさしく洗い上げ、癒してあげましょう。お肌を、弱酸性の健康的な状態に整えてあげて、秋、冬を迎えると、お肌トラブルも少なくなりますよ!

 


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Mihokoさん

Mihokoさん

ラスベガスへ移住し4年目。日本では長年、上場企業等で秘書として勤務。年齢を重ねると共に、体調不良に悩まされ、風水の学びから陰陽五行論を知る。万物はバランスの上で成り立っていることに気づき、自分の体もまたバランスが整っていれば心身共に健康でいられると実感。現在は、自然の力を最大限に得られるアロマセラピーについて勉強中。アメリカの日常生活から、食や健康へのアプローチについての情報をお届けします。

-おすすめのオーガニックコスメ(化粧品)
-

Copyright© オガライフ , 2020 All Rights Reserved.