おすすめのオーガニックコスメ(化粧品)

お悩み別!あなたに合ったカラーコントロールベースは?!

投稿日:2019年4月11日 更新日:

最近はオーガニックコスメブランドから色味補正するカラーコントロールベースが出ていますが、実際に自分は何色を使ったらいいのだろうか?と悩む方もいると思います。
そこで今回は、様々なお悩みに合うカラーコントロールの内容をわかりやすくまとめてみました!

 

まずカラーコントロールってなんのために使うのか?

カラーコントロール、もうそのままの意味なのですが”色味補正”をしてくれるもの。
つまり、肌色の色むらや、ファンデーションの肌色の展開だけでは物足りない、っていう人が使うもの。
肌色だけだったら、コンシーラーをつけたり、カバー力の高いもので厚塗りにするしかカバーはできないけど、それ以外の方法で悩みがカバーできるのがカラーコントロールの役目なのです。
色味補正をするには、反対色をつけることによってお互いを打ち消しあうので、お悩みの反対側にある色をつけるとカバーができます。

 

お悩み別、カラーコントロールをご紹介!

・くすみが気になる、透明感が欲しい人はパープル

くすみっていうのは少しお肌が黄色っぽくなったりして暗く見えてしますような時。
クマがあってどんよりしているっていうのはパープルには当てはまらないです。余計に顔色を悪くさせてしまいます。
パープルをつけるとお肌に透け感が出て柔らかいお肌色を作ってくれます。

 

・赤み、ニキビ跡が気になる人はグリーン

全体的に赤ら顔の人はお顔全体につけて、頬だけ赤みが出やすいって人は部分使いがオススメ。
またニキビあとの赤みのある人もグリーンを使うとファンデを塗った時に赤みが透けて見えるなんてことも防げるでしょう。

 

・血色感が欲しい、色っぽいフェイスにするにはピンク

いつも顔色が悪いよ、と言われる方はピンクがオススメ。
またチークとリップなしでは生きていけない!なんていう血色メイク重視の方もピンクは合いやすいです。
更にお風呂上がりのようなプワっとして血色感を出せるので色気のある肌作りもできます。

 

・シミ、そばかす、色むら補正、自然な明るさにはイエロー

日焼けをしてしまった、シミ・そばかすを隠しても浮き出てくる、なんて人はイエローが色むらをカバーしてくれます。
また元々日本人は黄色人種なのでイエローはなじみやすく、より黄色っぽい肌になるのでは?と思われがちなのですが自然にワントーンアップしてくれます。
他カラーコントロールだとなんかやりすぎ感あるかも、、とか迷った人はイエローをお勧めします。

 

カラーコントロール、あなたのお悩みに合ったものは見つかりましたか?

なかなか自分に合ったカラーコントロールを見つけるのは難しいとは思いますが、まずはお悩みから選んでみてください。
また柔軟な観点で見極めるのが重要ポイントでもあります。
”くすみ”と思っているものが、どんなくすみなのか?”赤み”がどんな赤みなのか、自分の肌とよく会話して悩みを決定してくださいね。
そうすると”本当の悩み”がわかってきて自分に合うカラーコントロールだけでなく、スキンケアの見直しまでもできるかもしれませんよ。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
yurinaさん

yurinaさん

美容専門学校を卒業後、北米にメイク留学をし、メイクアップの仕事を主に1年程活動。 その中で北米のオーガニックライフを送り、オーガニックコスメを日本でも広めたいと思い帰国後オーガニックコスメのセレクトショップで働きより知識を深める。 ”自然”という飾らない美しさの魅力を、オーガニックコスメなどを通して発信していけたらと思います。 日本メイクアップ技術検定 パーソナルカラリスト検定

-おすすめのオーガニックコスメ(化粧品)
-

Copyright© オガライフ , 2019 All Rights Reserved.