ホーム > トップストーリー > 夏のお肌のお手入れポイントをご紹介!確かな手応えを実感できる オーガニックコスメの魅力とは?!
オーガニックコスメを使った夏の肌ケア、日焼け対策について、詳しくご紹介します。

夏のお肌のお手入れポイントをご紹介!確かな手応えを実感できる オーガニックコスメの魅力とは?!

 

 

夏のお肌のお手入れは、夏のお肌そのものと、お肌のお手入れとじっくり向き合うことから

 

夏の肌環境こそ過酷なシーズンはないといってもよいのではないでしょうか。
テカリやごわつき、毛穴トラブル、日焼けやしみや乾燥、くすみなど、たくさん挙げられる夏の気になる肌トラブル。
夏のお肌のお手入れは、何か工夫されていますか?

夏のお肌のお手入れこそ、その確かな効果を実感できるオーガニックコスメがおすすめです。
即効性もあるけれど、一生をかけてお肌の中身を育て変化させていけるオーガニックコスメ・植物の力をご紹介します。

夏の日焼け対策、シミ予防、紫外線対策の方法について詳しくご紹介します。

一気に肌年齢をあげてしまうのが夏シーズン。
夏の間は案外気づきにくく、過酷な肌環境に数ヶ月さらされることで、秋になった時に肌表面に一気に表れやすかったりもします。
汗や皮脂の過剰な分泌によって起こる毛穴の詰まり、紫外線、冷房、皮膚の硬化などは、細胞の生まれ変わりを抑えてしまう要因の一つとなり、健康で美しい細胞が育ちにくい肌環境に傾いてしまいます。

夏のお肌のお手入れのポイントは、日々の自分自身の素肌と向き合い、過剰な皮脂分泌を整え、日々浴びた紫外線のケアをしてあげ、お肌を柔らかく整えてあげること。
面倒で難しいお手入れは必要なく、まるごと植物成分で構成されお肌に負担をかけないオーガニックコスメが、夏の過酷な肌環境に積極的に整え、使うごとに変化させてくれます。

それはオーガニックコスメがお肌の仕組みや生まれ変わりの仕組みに寄り添って作られているから。
夏こそまさに、まっすぐにお肌と向き合って作られているオーガニックコスメの本領を発揮できるシーズンでもあります。

 

 

なぜ夏のお肌にオーガニックコスメが有効か?

 

オーガニックコスメの原料となるハーブなどの植物。
植物は大量の紫外線を浴びて成長する過程で、紫外線から自分自身を守る成分を作り出しています。
だから紫外線を浴びたからといって枯れる植物はほとんどいなくて、紫外線から自分自身を守る物質=抗酸化物質というものが備わっています。

夏が旬のトマトにはリコピンと呼ばれるカロテノイドが含まれています。これはトマトが紫外線から自分自身を守っているんですね。トマトを多く摂取することでシミができにくくなるという研究結果もあります。

分かりやすいもので、夏が旬のトマト!
リコピンと呼ばれるカロテノイドはトマトを赤く染めることで紫外線から自分自身を守っています。
トマトをたくさん食べる人は食べない人と比べ、紫外線によるシミができにくいという研究発表があったというのはそういうことなんです。

ハーブが原料のオーガニックコスメは抗酸化力が高いので紫外線の多い夏のお肌のお手入れに取り入れたいスキンケアです。

植物の中でもハーブは、野菜には作られない“第二次代謝物”と言われる抗酸化力が野菜の10~30倍強いと言われる抗酸化物質を作っています。
なので、ハーブが原料のオーガニックコスメは抗酸化力が高く、紫外線の多い夏のお肌のお手入れこそ取り入れたいスキンケアなんです。

 

オーガニックコスメの保湿成分のベースになるのが植物オイルです。マカデミアナッツ、ヘーゼルナッツ、アボカド、セサミ、大豆種子オイルなど様々な種類があります。このベースとなる植物オイルこそが、お肌の肌奥に栄養を与え新陳代謝を高めてくれます。

そして、オーガニックコスメの保湿成分のベースとなる植物オイル。
マカデミアナッツ、ヘーゼルナッツ、アボカド、セサミ、大豆種子オイルなど様々な種類がありますが、このベースとなる植物オイルこそが、お肌の肌奥に栄養を与え新陳代謝を高める鍵となってくれます。

人間のお肌が水の層と脂の層がミルフィーユ状に何層にも重なり合っているため、お化粧水といった水溶性のものは肌表面の角質層までしか浸透することはできず脂の層には入れません。
お肌の構造は複雑で外からの異物の侵入には緻密に排除しようと働くため、お化粧品もなかなか奥まで入れないのが現状。

 

しかし、先ほど挙げた植物オイルの組成は人間のお肌と限りなく近い組成です。
同じく水の層と脂の層のミルフィーユ状に重なりあっているので、リポソーム構造やナノ化といったような加工をされていなくても自然に肌奥まで浸透できる形として存在しています。

この植物オイルこそが、お肌を柔らかく整えてくれ、潤いにも毛穴ケアにも、くすみのケアにも、夏の紫外線の予防や浴びた後のケアにも、たるみなどのエイジングケアにも、オールマイティに応えてくれる夏のお肌のお手入れにおいて優れもの。
一般のどんな高い美容液よりも女性の素肌づくりの味方になってくれる無敵アイテムです。

 

でも、オイル選びが重要です。
必ず、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、脂肪酸など栄養価の高い酸化していない“一番搾り”の質の高いオイルを選びましょう!
暑い夏のお肌のお手入れでも、質の高いオイルは肌上のテカらず、ベタつかず、馴染みが良いものです。

 

 

今日からできる夏のお肌、お手入れポイントをご紹介!

夏のお肌のお手入れに欠かせないのが、オーガニックコスメを使ったクレンジングです。

・ターンオーバーを正常に整える

お肌の生まれ変わりの周期は28日というのはご存知の方も多いと思います。
しかしこれは年齢や肌状態によって変化するもの。年齢を重ねたお肌やダメージやトラブルが起こったお肌は生まれ変わりのサイクルが長くなりやすくなります。

長くなるということは古い角質が肌表面にスムーズに剥がれ落ちることなく滞って重なってしまうということ。
分かりやすいのが足の裏のかかとです。
生まれ変わりのサイクルが長くなってしまうとお肌は硬く、くすみやすくなります。

乾燥もしやすくなるし、透明感もなくなります。
毛穴も塞がれるのでニキビもできやすくなります。
どんなに質の良い美容液を使っても、このような肌状態では効果が出にくくなります。

だからこそ、夏のお肌のお手入れはターンオーバーを正常に整えるスキンケアが大切。
試してもらいたいのが、オーガニックコスメの『クレンジング』。
強力な界面活性剤を含む洗顔やクレンジングではなく、植物由来の界面活性剤を使ったオーガニックコスメのクレンジングは肌の汚れやメイクを落としながら、肌そのものを柔らかく整え自然な力で、不要な角質を日々取り去ることができます。

シリコンやポリマーなどを含んだこってりしたクリームや美容液、メイクアップ製品は、角質をお肌表面に密着させるので、角質が剥がれにくくなる原因になることも。
瞬間的に“潤った”と感じるテクスチャーではなく、成分と向き合ってスキンケアを選ぶことが大切です。

 

・バリア機能を整える

お肌は外からの細菌、ウイルス、紫外線などから体を守ってくれる器官ですが、このバリア機能を正常に整えてあげることも大切なスキンケアです。
肌表面には皮脂膜と呼ばれる保湿成分に覆われ、この皮脂膜が水分の蒸発を防いでくれています。
皮脂膜は自分自身の分泌した皮脂と汗の混ざり合ったもの。

この皮脂膜を肌上の常在菌が食べて、グリセリンや脂肪酸などの保湿成分に分解してくれる天然の保湿剤です。
しかし、強いクレンジングや洗顔を重ねて使用することで、バリア機能が正常ではなくなることがあります。

だからこそバリア機能を高めてくれるスキンケアが大切。
皮脂膜の原料となる皮脂に着目し、質の良い脂をスキンケアで取り入れてあげるオーガニックコスメの美容オイルは、どんな肌トラブルも年齢を重ねたお肌の変化にも納得の効果を実感して頂けるはずです。

スキンケアで毎日お肌に与えたオイルを肌上の常在菌がエサにしてくれるので、肌上の善玉菌が増え潤いと透明感のある素肌を作ってくれます。

 

・UVケアの徹底

“老化の8割は光老化”という研究者もいるほど、紫外線によるお肌や体への影響は大きいものです。
夏のお肌のお手入れで避けては通れないポイントとなりますが、夜のスキンケアをどんなにきちんとしても、日中たくさんの紫外線を浴びた環境では、肌の老化や肌の機能はどうしても低下してしまいます。

UVA、UVBともにどちらもカットするのが夏のお肌のお手入れには必須。
紫外線は浴びると、日焼けやシミを引き起こすだけでなく、コラーゲン繊維まで破壊するのでたるみやシワなどにつながります。
また体の中にも強力な活性酸素を発生させるので、体そのものも疲れやすくなったりもします。

スキンケアでは紫外線カットできるクリームやファンデーションを3時間ごとに塗りなおすこと。
日常生活でそんなに高い数値は必要なく、SPF15~40くらいで十分です。

また、日々使うオーガニックコスメのお化粧水、美容オイル、クリームなども抗酸化力の高い植物が原料となるので、次第に紫外線の影響を受けにくい健康な素肌づくりにつながります。
まさに、オーガニックコスメは夏のお肌のお手入れに外せない優れもの!

そして、インナーケアでは抗酸化力の高い食事をすること。
緑黄色野菜、大豆製品、フルーツなどたっぷり摂りましょう。

 

 

まっすぐに素肌を変化させてくれるオーガニックコスメ

正しい知識でオーガニックコスメを使った肌お手入れ、スキンケアをすることが、夏の日焼け対策、シミ予防、紫外線対策に繋がります。

ネフェルティティ、クレオパトラ、楊貴妃、エリザベスなど世界の美女たちが長い歴史の中で共通して取り入れてきた植物の力。
お化粧品が研究、開発されるずっとずっと前から確かな効果を感じ、伝えられ、愛されてきました。
昔はケミカルなものも一切ないので、まさにオーガニックコスメそのものですね。
人々の知恵と実践から生まれ、お化粧品の歴史を作った植物は、現代では“まるごと植物”を取り入れることは難しくなっています。

しかしその基本に戻り、忠実に、真摯に作られている数少ないオーガニックコスメは、お肌の仕組みやサイクルに寄り添い、使うごとにお肌を変化させてくれるもの。
夏の肌環境は過酷で、一年の中でも一番肌への負担が大きいシーズン。

お肌のお手入れをしているのにごわつく。
シミがまた新しく増えた。
毛穴の悩みが繰り返される。

お肌のお手入れは何をしてもそんなに変わらないのでは?
だからカバー力の高いメイクアップコスメを探している…
そんな方もいらっしゃるんではないでしょうか。

夏のお肌のお手入れこそ、『隠す美容法』ではなく『素肌を整える美容法』にシフトする絶好のシーズン!
紫外線をたっぷり浴びて育った植物成分は、夏のお肌のお手入れを特に得意とします。
夏のお肌のお手入れからオーガニックコスメの力を体感されてみませんか?



Loadingお気に入りに追加する

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
三島 佐知さん

オーガニックエステティシャン。
広島県在住。
自身の体調不良や肌トラブルの経験がきっかけで23歳からエステ業界に携わり、2013年オーガニックハーバルサロンblancをオープン。
オーガニックスキンケア、アロマケア、食を含むオーガニックライフを通じて、身体の中からキレイに整える美容法をご提案。
健康がキレイで若々しい素肌をつくり、豊かな心をつくる。
植物がなりたい身体やお肌をつくり、心を満たしてくれる。
植物を取り入れた生活の中で、女性がイキイキと前向きに年齢を重ねて頂けるきっかけになれるサロンとして、日々全力でお客様と向き合わせて頂いています。
男の子二人の母としても日々奮闘中!

保有資格
AEA上級エステティシャン
メディカルハーブコーディネーター
AEAJアロマテラピーアドバイザー
ナチュラルフードコーディネーター

blancホームページ
https://www.blanc-organicherbal.com
ブログ
https://ameblo.jp/harbalblanc