ホーム > 健康ライフ > 甘~いイチゴで免疫力アップ!この春はオーガニック農園でイチゴ狩りを楽しもう!!
今が旬!免疫力アップのために、オーガニック農園でのイチゴ狩りをおすすめする理由をご紹介します。

甘~いイチゴで免疫力アップ!この春はオーガニック農園でイチゴ狩りを楽しもう!!

 

 

季節の変わり目は体調不良になりやすい?

 

インフルエンザや風邪、この時期まだまだ体調を崩してしまう人が多いのではないでしょうか。

昔なら「ちょっとした熱だから、頑張って会社や学校へ行く」ということが当たり前でした。

ですが、今その状況は大きく異なり「ちょっとした熱だとしても、インフルエンザ流行期には病院へ行って検査を受ける」のが

学校を中心に主流になり始めています。

その理由は、自分がインフルエンザだと疑わず学校や仕事に行くことで、教室や職場、電車やバスなどの交通機関、訪れた

お店など様々な場所でウィルスを撒き散らす可能性があるからだそう。

「バイオテロ」なんて大げさな名前で呼ばれることも。

仕事も学業もなるべくなら休みたくない、となると、体に備わる防衛機能「免疫力」を上げるしかありません!

なるべく手間もお金もかけず、遊びながらできれば最高です。

そんな方法はあるのでしょうか?

免疫力を上げるために何をすれば良いのでしょうか?

 

 

イチゴを食べて免疫力アップ!苺の効能についてご紹介!

 

ヒントは、イチゴ。イチゴが旬の季節を迎えました。

イチゴといえば、風邪や感染症の予防に効果的なビタミンCを含有していることで有名ですね。

その量は、レモン(果汁のみ)を上回る量で、なんと、みかんの2倍以上。

イチゴ5~7粒食べれば1日のビタミンC必要量が摂取できるほどなのです。

ビタミンCはコラーゲンの生成を促しメラニンを抑制、肌や粘膜を美しく健康にしてくれるほか、

ビタミンCとポリフェノールの抗酸化作用で、がんや動脈硬化を予防する働きがあります。

また、イチゴはビタミンCに次いで葉酸を多く含んでおり、「赤ちゃんのビタミン」と呼ばれる葉酸は、

妊娠前から出産後まで必要不可欠な栄養成分です。

胎児の成長を促し、先天障害を防ぎ、母親の貧血を防止する働きがあります。

その他、水溶性の食物繊維であるペクチン、ポリフェノールの仲間であるアントシアニン、

水溶性ビタミンのパントテン酸などを含んでいます。

 

 

イチゴの旬を知り、手頃な価格で最大限の恩恵をうける

 

イチゴは、スーパーでは1パックのお値段が400円~700円程度が中心価格帯として並んでいます。

クリスマスケーキでの需要が高いので12月頃から店頭に出回りますが、イチゴ本来の旬は晩春から初夏にかけての3~5月上旬頃。

一般に旬の時期の野菜や果物は栄養価が高いが価格は下がるので、旬の時期に食べるのが健康にもお財布にも◎。

1~2月にはまだ高いイチゴ狩りの入園料金も、5月に向かうほどお値段も手頃になります。

 

 

免疫力を向上させるには、ストレス発散が効果的!

 

免疫力低下の原因は、栄養不良、睡眠や運動の不足、加齢のほか、ストレスが大きく関係しています。

ストレスを発散する効果的な方法の一つに、“花と緑で人を癒す”「園芸療法」があげられます。

花や緑と関わる環境は心を癒し、緊張をやわらげ、うつ病にも効果が見込まれるなど、精神病院で治療にも使われることがあるそうです。

また「非日常体験」も効果的と言われています。

日常生活でストレスを感じている人にとって、その日常とまるで異なることを体験することで、ストレス解消になるようです。

 

 

オーガニック農園でイチゴ狩りを楽しもう!苺を食べて免疫力アップ&ストレス発散

 

免疫力アップのためにオーガニック農園でイチゴ狩りをしてみては、いかがですか。

風邪や感染症予防に効果的なビタミンCを多く含むイチゴと、ストレス発散に効果的な園芸療法と非日常体験。

これらを組み合わせたものが、「イチゴ狩り」です。

甘くておいしいイチゴを食べて免疫力アップ!これなら気負うことなくできそうですね。

気をつけることは、イチゴの栽培には多くの農薬を使うため、イチゴを洗わずちぎって食べる「イチゴ狩り」では、

オーガニック農園を選ぶことがおすすめです。

下記に、減農薬や無農薬栽培のいちご農園を掲載していますので、参考にしてください。

 

【東京】
新倉農園 いちごとブルーベリーを無農薬で栽培
http://www.niikuranoen.com

 

【神奈川】
徳江いちご農園 減農薬栽培
http://tokuenouen.jp/

わだいちご園 エコファーム認定
http://wada-ichigoen.com/

 

【埼玉】
ただかね農園 エコファーマー認定 減農薬
http://www.chichibu.ne.jp/~tadakane/

篠津・季節の香り農園 低農薬栽培
http://www.s-kisetsunokaori.com/

 

【千葉】近藤いちご園 低農薬
http://www.kondo-ichigo.com/

あきらいちご園 エコファーマー認定
http://akiraichigo.com/

飯森苺農園 100%有機質肥料を使用 低農薬
http://www.ichigogari.jp/

 

さて、スーパーで購入したいちごも、残留農薬や雑菌を取り除きたいですよね。

野菜・くだもの洗い用に、下記のような天然成分100%の専用剤が販売されていますので、これで洗えば安心かもしれません。

 

 

FavoriteLoadingお気に入りに追加する

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
妹島ウタさん

学生時代、米国カリフォルニア州サンディエゴでアート&クラフトやカリフォルニア料理を学ぶ。
ホームステイ先の母であったインテリアデザイナーに大きな影響を受け、帰国後はインテリア業界での仕事に携わり、
カーテンや壁紙、また家具や照明などインテリアをトータルでコーディネイト提案し販売。
結婚を機に退職し、地域情報サイトのエリアマネージャーとしてショップ取材や編集に携わる。
また、パンと菓子作りの趣味が高じて製菓専門学校で学び、「製菓衛生師」の資格を取得、現在に至る。
男子二人の母。
趣味はインテリアショップ巡りとパン作り。
製菓衛生師(国家資格) / A.F.Tカラーコーディネーター / 食品衛生責任者

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です