ホーム > ヨガで楽しむ!オーガニックライフ > ヒーリングヨガでゆるりと日常をシャットアウト ヨガ&キールタン&ヒーリング楽器の関係
ヒーリング楽器のクリスタルボール

ヒーリングヨガでゆるりと日常をシャットアウト ヨガ&キールタン&ヒーリング楽器の関係

 

 

ヨガとクリスタルボウル

 

ヨガの効果を高めるため、心と体にアプローチすることができる
クリスタルボウルの生演奏とヨガとのコラボは定番ですよね。

クリスタルボウルは水晶で作られた円筒形の楽器です。
大小さまざまなボウルを並べて、バチでたたいたり、こすったりして演奏します。

ヒーリング楽器のクリスタルボール

 

優しく叩いたり、ゆっくりこすることで、長く・透明感あふれる音が出せます。
クリスタルボウルの音色は、脳に作用しストレスを低減させる効果があると言われていて、
最近では、音楽療法としても注目をあびています。
また、「倍音」という音が含まれているので、サウンドヒーリングとして深いリラックスを
得ることができるのです。

 

 

ヨガとヒーリング楽器

 

クリスタルボウルの音色を聴いているだけでも心が落ち着きますが、音に包まれながらのヨガは、
心も体も解放されます。
特に、最後のシャヴァーサナ(屍のポース)の時に、横になってクリスタルボウルの音を
感じていると、意識が遠のいていき、眠ってしまう人もいます。
これぞ、至福の時間という感じです!

クリスタルボウルの他には、ライアー、

ヒーリング楽器のライアー

 

シンギングボウル、クリスタルグレイ、コシ・チャイム、
音叉などのヒーリング楽器とヨガとの組み合わせも、抜群の相性です。

ヒーリング楽器のシンギングボウル

 

ヨガの効果も実感しやすいので、一度、体験してみてください!

 

 

キールタン「歌うヨガ」

 

Kirtan(キルタン・キールタン)は、サンスクリット語で歌うという意味で、
マントラをチャンティング(唱える)する、インドの伝統のバクティヨガのことです。
バクティヨガは献身のヨガと言われ、神様へ自分自身を捧げるという意味があります。
神々の名前や祈りの言葉やマントラ(真言)をみんなでメロディにのせて歌うことから、
「歌うヨガ」、「歌う瞑想」と呼ばれています。

実際にどんな感じなのかというと、ハルモニウムというインドの楽器を弾きながら、
最初にリードを取る人が歌い、その後に参加者が同じフレーズをくり返して歌います。
自分の声とマントラを唱えるエネルギーと、その場所にいる全員の波動が重なり合うことで、
浄化と癒しのパワーを全身で感じることができます。
また、深い瞑想状態をもたらしてくれるでしょう。

歌を知らなくても大丈夫ですし、上手い下手も全く関係ありません。
楽器はハルモニウム以外には、ウクレレやアコーディオン、
ギターなどで行うこともあります。

日本語ではないのですが、みんなで歌うことで心が安らいだり、涙がでてくる人も多いとか。
ストレスが緩和され、リラグゼーションの効果があるということなので、
まさに、ヨガの真髄ではないでしょうか!?

 

 

ヨガは呼吸が大事だと思っています。

 

「歌うこと=呼吸すること」と同じなのかなと、私、個人的に思っています。

キルタンは、みんなで歌うハーモニーが美しく、参加者との一体感を感じることができるでしょう。
クリスタルボウルをはじめとしたヒーリング楽器&ヨガは、心と体がほぐれ素晴らしい時間になること
間違いなしです。

ヒーリング楽器のクリスタルボール

 

通常のヨガもいいですが、
クリスタルボウルヨガとキルタン、さっそくはじめてみませんか。

 



Loadingお気に入りに追加する

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
みわ あずみさん

生まれも育ちもチャキチャキの江戸っ子の40代、取材編集・ライターしています。
元々、体があまり強いほうではなく、病気や年齢を重ねるとともに、何をするにも体が資本と痛感。
20代後半から冷え性の自覚はあるが、特に何もしないまま過ごす。
数年前に低体温だと病気になりやすいと聞き、疲れやすいのもそのせいか…と思い、
とにかく温めよう!と生活を見直し、薬や病院に頼らない健康な体づくりに興味を持ちはじめ、自分の体と向き合うようになりました。
岩盤ヨガ、アロマ、ハーブ、自然療法etc。
飽くなき探究心とリサーチ力で、さまざまなことを試しています。
オーガニックライフを愉しみながら、いつまでも生き生きと過ごしたい!。
まずは、ムリなくできることからはじめよう!
“ちょっと体にいい”健康ライフをお伝えしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です