ホーム > ヨガで楽しむ!オーガニックライフ > 南米ペルーのオーガニック事情とは…~健康フード編~
ペルーではフルーツ好きにはたまらない、美味しいフルーツが安く手に入ります。

南米ペルーのオーガニック事情とは…~健康フード編~

 

 

南米ペルーのヨガやオーガニック食品の現状に

ついて現地で調べてきました!

 

こんにちは!

前回の記事の終わりで、ちょこっとお伝えしていましたが、

私、1週間ペルーに行ってました!

 

旅行と言いつつも、南米ペルーのオーガニック状況やヨガ事情など、

現地に行って生の情報を体験してきたので、いろいろご紹介していきますね。

飛行機から見た、南米ペルーの街並みです。

 

まず、南米ペルーについてあまりご存知ではない方のために簡単にご説明します。

ペルーは南米、ブラジルやボリビア、チリなどと隣接しており、世界遺産の

マチュピチュや、ナスカの地上絵が大変有名です。

 

今回はスケジュールの都合で、マチュピチュやナスカの地上絵にはいけなかったのですが、

首都のリマや、パラカス、イカを訪れました。

海岸地帯、山岳地帯、熱帯雨林地帯の3つの地域に分けられ、特に山岳地帯では、

ジャガイモや豆、麦、トウモロコシと言った日本でもなじみのある農産物が生産されています。

ペルーの食文化って日本人にもとても馴染みやすいんですよ^^

 

 

ペルーは、「キヌア」や「チアシード」の原産地!

 

ペルーでは穀物の生産も盛んで、オガライフでもTanakoさんが記事にされていた

「キヌア」や「チアシード」はまさにペルー・アンデスが原産地(またはボリビア)。

 

年間約150トン生産されているとのこと!

ペルーの街中のスーパーでも簡単に手に入ります。

 

私もペルーに行く前からキヌアはよく白米に混ぜたり、

温かい豆乳に混ぜて飲んだりしていましたので、

ペルーで食べても、まったく抵抗がなかったです^^

 

ペルーのスーパーに行って、びっくりしたのがフルーツの大きさ!

なによりフルーツが全体的に安くて、大きく太っていました!

 

 

パッションフルーツをミキサーにかけて飲んでみました!

 

日本でいうパッションフルーツはMaracuya(マラクジャ)と呼ばれ、

こちらも安くて大きかったです。

ミキサーで水だけ入れて、ジュースにしていただきました!

 

すごく酸っぱいけど、この酸っぱさがたまらなくおいしかったです^^

アマゾン原産のマラクジャ(パッションフルーツ)はビタミンA、B6、

クエン酸と栄養豊富で、疲労回復にも効果的です。

日本でももっと手軽に手に入ればいいのですが、なかなか流通しておらず

日本では高価なのが残念ですね。。。

 

 

ペルーは、新鮮な美味しいフルーツが手に入る、

フルーツパラダイス!

 

山、海、ジャングルに燐するペルーは新鮮でおいしいフルーツが手に入る、

まさにフルーツパラダイスです!

 

次回は、現地で体験してきたヨガ情報と、ペルーで日常的に飲まれる

ハーブティーについて書きたいと思います。

ではまた!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Mihoさん

Mihoさん

専門学校卒業後、外資系ホスピタリティ業界等での接客業を経て、現在は貿易事務に従事。
ホットヨガに通うようになり、からだを動かしながら呼吸することで心も整っていくことを体感し、ヨガにのめり込む。
現在、全米ヨガアライアンス200(RYT200)資格取得を目標にスクール通学中。
年内取得予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です