食についてあれこれ

冬に温まるオーガニックハーブティーのおすすめと効果

投稿日:2018年12月30日 更新日:

自然の恵み、万能ハーブティー

みなさん、冬の飲み物は何を飲みますか?
最近めっきり寒くなって、私が飲んでいるのはハーブティーです。

ハーブにはビタミンやミネラルなど健康や美容に役立つ成分がたくさん含まれていて、水に溶けるものが多いため、ハーブティーを飲むことで心身の不調をやわらげてくれます。
また、植物療法としてのメディカルハーブを簡単に取り入れることができる素晴らしい飲み物です。

 

ハーブは単体で使っても効果を感じられますが、シナジー効果があって飲みやすい有機のブレンドハーブティーがオススメです。
せっかく自然の恵みを受けるのであればオーガニックのものが良いですね。
今日は今の時期にぴったりのあたため&デトックスにオススメのブレンドハーブティーの作り方を紹介します。

 

ハーブティーでポカポカに

体の冷えには血液の流れを促進して、巡りの良い体にすることが大切。
冷えは万病の元なのでハーブの力を使ってナチュラルに身体の中からあたためましょう。

ジンジャー

あたため作用のあるハーブの定番。少し刺激のある辛みがあり、生姜として日本人にも馴染みのある味ですよね。血行不良が原因のあらゆる症状に効くのであたためのブレンドには欠かせないハーブです。

 

ネトル

ビタミンやミネラルを多く含み、血液を浄化してサラサラにしてくれます。
緑茶のような風味で単体でも飲みやすいです。
浄血作用があるのでアレルギーの症状にも効果があります。

 

サフラワー

鮮やかなオレンジのハーブ。血行を促し、身体の循環をよくして体を温めてくれます。
月経も促し、整える作用もあるので整理不純やPMSの緩和にも良いです。
少し癖があって渋みが強いのでブレンドの中に少し加えるのが良いです。

 

シナモン

ウッディーでスパイシーな風味のする定番のハーブ。
血液の流れをよくしてくれて身体機能全般を活性化させてくれます。
消化不良やお腹の張りなど、冷えが原因の不調も緩和してくれます。
甘味もあるので飲みやすいですね。

 

溜め込みやすい冬の老廃物を排出するハーブティー

体に溜まった老廃物や余分な水分をハーブの力で内側から排出してすっきりと美しい身体を手に入れましょう。

ダンディライオンルート

キク科のハーブで日本ではタンポポ茶として楽しまれています。
根の持つ苦味の成分が消化を助け、余分な水分を排出してくれる利尿作用があります。
香ばしい味で美味しく飲めます。

 

ペパーミント

爽やかな香りでリフレッシュできる清涼感のあるハーブ。
胃腸の調子を整えてくれて、腸に溜まった老廃物を取ってくれる作用があります。

 

ミルクシスル

風味の香りも強調しないので他のハーブと組み合わせるのがオススメ。
肝臓に対して様々な働きかけをしてくれるので、お酒によるダメージも修復してくれます。
抗酸化作用もあってアンチエイジングにも良いハーブです。

 

 

五感で楽しみながら身体を整えるハーブティー

温めと浄化にオススメのハーブを紹介してきました。
これらをブレンドすることで相乗効果も得られて、続けて飲むことで副作用もなく着実に悩みを解決してくれます。
私は甘味のあるステビアやリコリスが好きなので、ブレンドに加えてあげるとぐっと飲みやすくなります。

風味や香りの他にも、ナチュラルなハーブのごとの色も美しいので、五感でハーブティーを楽しみながら自然の力で心身を整えましょう。
次回は使い終わったハーブの活用法を紹介したいと思います!

 


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Emaさん

Emaさん

幼い頃から精神的な苦しみを抱え、学生時代に摂食障害とうつ病を発症。 以来、スピリチュアルな探求をし、心身の健やかさを「自然との調和」に見出す。 オーガニックなチョイスをすることは自然と共生し、そのエネルギーやパワーを受けること。 そこにヨガやアーユルヴェーダのホリスティックな考え方を加え、全てのものが幸せで やさしい愛に満ちた世界を願っています。 “We already have Everything inside ourselves”

-食についてあれこれ
-

Copyright© オガライフ , 2019 All Rights Reserved.