ヨガ・アーユルヴェーダを楽しむライフスタイル

養生と癒しの陰ヨガ~自宅でもできる陰ヨガポーズ~

投稿日:2020年6月6日 更新日:

陰陽の調和をはかる動的なヨガと静的なヨガ

一般的に知られている身体を動かすヨガを指す「ハタ・ヨガ(ハタ・ヨーガ)」には、大きく分けて2つのスタイルがあります。多くのポーズをおこない意識的に筋肉を働かせる「動的なヨガ(陽)」と、筋肉を休ませ休息や回復力を養う動きの少ない「静的なヨガ(陰)」です。今回ご紹介する陰ヨガは、2つの補い合うエネルギー「陰陽」によって万物が調和を保つという陰陽理論や伝統中医学を基にした静的なヨガです。

 

陰ヨガの3つのステップ

陰ヨガは、1つのポーズを1~5分程の時間をかけ、心地の良いストレッチを味わいながらツボ(経穴)を通る「経絡」という氣の通り道に刺激を与えます。氣血の巡りを促し、内臓機能の向上、心身のリラックスとともに、関節(結合組織)の柔軟性を高めることを大切にしたヨガです。

陰ヨガでは、

  1. ポーズの形にこだわらず心地よい伸びを感じることができる位置を探す。
  2. 静止し、チカラを抜いてゆだねる。
  3. ポーズの後、余韻を味わう。

この3つのステップを大切に、個人が持つ骨格の個性に合わせ、表面的なポーズの出来不出来にとらわれることなく、ご自分の心と身体に寄り添うように無理をせずおこなってみてください。

 

おうちでできる陰ヨガポーズ!リラックス&デトックス編

今回ご紹介する陰ヨガポーズは、消化・吸収能力を高め、ストレスによるイライラや怒りなどを和らげる肝と対になる「胆経」と、悲しみの感情や呼吸の働きを司る「肺経」をターゲットにしています。安心してゆだねることができるようにタイマーとブランケットをご用意ください。

①タイマーを1分~5分にセットします。(初めての方は1分から始め、徐々に時間を増やしてください。)仰向けになり両膝を立て、右脚を左脚の上にかけ足を組みます。

②吐きながら組んだ両脚を左へ倒します。

このポーズでは、右ヒップ側面~ウエスト~右体側~右肩全面~右腕にかけてのターゲットエリアにじんわりと心地良い感覚があるか、右腕や骨盤の位置などを微調整します。穏やかな呼吸を感じる方向へ顔を向け、全身のチカラを抜きます。(身体が冷える場合はブランケットをかけてください。)
ポーズを自ら深めようとせずに、刺激を感じるエリアに意識を向け、ただ重力に身を任せましょう。(ストレスなどでこわばった身体が次第に緩みはじめるのを待ち、チカラが抜けないときは、口からため息をつくように大きく吐き出しましょう。)

*肩や腰などに違和感、痛みを感じたら無理をせずにポーズを中止してください。

③タイマーが鳴ったら、ゆっくりとご自分のペースで元に戻ります。

④反対側も同様にタイマーを1分~5分にセットし、左脚を右脚の上にかけて足を組み、右へ倒します。左ヒップ側面~ウエスト~左体側~左肩全面~左腕にかけてのターゲットエリアにじんわりと心地良い感覚があるか身体の位置を微調整し、タイマーが鳴るまで意識を身体に起こる感覚へ向け、吐く息とともにチカラを手放します。

⑤タイマーが鳴ったらゆっくりと元に戻り、両脚を伸ばし仰向けのままでポーズの余韻を味わいます。氣血の巡りを感じる大切な時間です。何も感じられなくてもゆったりとした気持ちで、身体の自然な作用に身を任せてみてください。

 

陰ヨガで留まる時間を気づきの時間へ

陰ヨガは敢えて動きを止め、「今、ここ」で起こっている身体の感覚に意識を置き、大地にゆだねます。留まる静寂の時間は、せわしなく動き続けることでは気づけなかった本当の心と身体の声に気づく時間ともなり得ます。現在私たちが直面している社会・経済活動が困難な「留まる」ことが要求される時期にも、きっと気づきがあります。この困難な日々にこそ陰ヨガを通じて、本当の心と身体の声に気づき、安らぎのお時間をお過ごしいただけたらうれしいです。Namaste.


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
みゆさん

みゆさん

幼い頃より新体操を始めインターハイ、高校選抜にて個人総合優勝などを経験。その後プロダンサーとして海外公演、テレビCM、コンサートなどに出演する。 身体を動かすことが多かった日々のなかで、心の在り方を整えること、瞑想に興味を持ちヨーガを学び始める。近代ヨーガの父と呼ばれるクリシュナマチャリア師の教え(3年間600時間)にてYoga哲学などを学びながら、現在までに約400時間以上のハタヨーガ、陰ヨガ、リストラティブヨガなどのトレーニングを修了。ヨーガ講師として約十数年以上クラスを担当し、心身・精神の安らぎや回復にフォーカスした瞑想的なヨーガ・陰ヨガやヨーガ哲学を通じて平和で安らぎ、笑顔で健やかな自然体の姿で在ることができるよう、プライベート・グループクラスを行っている。また毎日の瞑想とともに、紀元前からの生きる上で大切な教えと言われるヴェーダを詠唱するヴェーディックチャンティングを日課とし、こころとからだを整えることを大切にしている。 ウェブサイト: https://muishizen.themedia.jp/ 資格: 全米ヨガアライアンス認定200時間ヨガティーチャートレーニング修了 YIN YOGA in AGIA ヨガティーチャートレーニング修了 Jo Phee陰ヨガティーチャートレーニング(中医学/経絡ニドラ/骨盤解剖学)修了 Bera Saumik陰ヨガ&機能解剖学ティーチャートレーニングコース修了 TYGリストラティブヨガトレーニング修了 フェニックスライジングヨガセラピー レベル1~2修了 JAMHA認定ハーバルセラピスト講座修了

-ヨガ・アーユルヴェーダを楽しむライフスタイル
-

Copyright© オガライフ , 2020 All Rights Reserved.