おすすめのオーガニックコスメ(化粧品) こだわりのオーガニックライフスタイル トップストーリー

美容専門家が教える!美肌をキープするために必要な正しいスキンケア方法

投稿日:2020年10月24日 更新日:

美肌をキープするにはスキンケアが必須!

はじめまして。山本夕貴と申します。愛知県常滑市で自宅サロンをしながら、美容ライターとして記事の執筆を行ってます。この度、オガライフでも執筆させていただくことになりました。これまで私が学んできた美容知識やサロンでの経験を活かして、読者様に価値のある情報を提供していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。今回は、美肌をキープするために必要な正しいスキンケア方法について執筆しました。

多くの女性が憧れる美肌。肌を美しくキープするためには、化粧品を使ったスキンケアが大切です。しかし、スキンケアの方法を誤ったまま行っていると、化粧品の効果は半減し肌を美しく保てません。かえって、肌老化を促進させることにも繋がるのです。本記事では、美肌をキープするための正しいスキンケア方法について説明します。正しいスキンケア方法とは「クレンジングと洗顔で汚れを落とすこと」と「化粧水・乳液・クリームを使ってうるおいを与えること」の2つがあります。

 

美肌をキープするスキンケア1.クレンジングと洗顔で汚れを落とす

美肌をキープスキンケアの1つは、クレンジングと洗顔によって顔の汚れを落とすことです。顔は、常に外に露出されている部位で、大気中の汚れや花粉などが付着しやすい場所です。また、汗や皮脂の分泌もされるため汚れやすい部位といえます。顔に汚れが付着したままにしておくと、毛穴に汚れが詰まってニキビなどの炎症を起こす原因となります。また、化粧品の浸透が悪くなり、スキンケア効果が低下することにも繋がります。

クレンジングと洗顔で汚れを落とすことは、ニキビなどの肌トラブルを予防し、化粧品効果を十分に発揮させて肌を美しくキープために非常に重要です。ここでは、クレンジングと洗顔の正しい方法について紹介します。

・クレンジングの正しい方法

クレンジングは、基本的に夜のスキンケアで行い、メイク汚れや皮脂汚れなど油性の汚れを落とす役割があります。クレンジングの正しい方法は次のとおりです。

  1. クレンジング料を適量とり、両頬、額、鼻、顎先に分けてのせる。
  2. 顔の外側から内側に向かって円を描くように顔全体になじませる。
  3. メイクが浮いたら、洗い流す。

クレンジング料は、メーカーが推奨する量を守って使用します。量が多すぎるとべたつきの原因になり、少なすぎると手のひらと顔の間に摩擦が起こって肌を傷つける原因となります。顔に馴染ませる時間は1分以内にとどめましょう。汚れたクレンジング料を長時間肌にのせたままにすることは衛生的ではなく、ニキビや肌荒れなどのトラブルを起こす原因になります。すすぐときも、クレンジング料が残らないようにしっかりと行うことが大切です。また、すすぎに使用する水の温度は、35度を守りましょう。温度が高すぎると肌の皮脂まで落とすため、乾燥の原因となります。また、低すぎても、洗浄力が低下し、汚れ落ちが悪くなるため避けることをおすすめします。

 

美肌をキープするスキンケア2.化粧水・乳液・クリームで保湿する

美肌をキープためには、化粧水、乳液、クリームを使って保湿することも大切です。女性の肌は、男性の肌に比べて皮脂量が少なく、年齢を重ねるごとにさらに減っていきます。皮脂量が少なくなると、肌内部の水分蒸発が起こり乾燥しやすくなります。化粧水、乳液、クリームを使用して保湿することは、減少した皮脂量を補い、肌内部の水分蒸発を防いで乾燥を予防することに繋がります。ここでは、化粧水、乳液、クリームの正しい使用方法について紹介します。

・化粧水

化粧水は、肌にうるおいを与えて水分量を増やす働きがあり、乾燥を予防します。化粧水の正しい使い方は次のとおりです。

  1. 化粧水を適量より少し多めにコットンにとる。
  2. 顔の内側から外側に向かってコットンを滑らせ、顔全体に塗布する。
  3. コットンを裏返し、化粧水を追加する。
  4. 両頬、顎先、額に細かくパッティングをする。

化粧水は、コットンを使うと顔全体にムラなく均一につけられます。目尻、口角など塗り忘れの多い細かい部分までしっかりとつけられるため、乾燥をしっかりと防げます。ただし、コットンが乾くと肌との間に摩擦が起こり傷つける場合があるため、化粧水は多めに含ませることが大切です。足りなくなったら都度コットンに足すように心がけましょう。パッティングは、できるだけ細かく行い、化粧水を顔全体に浸透させます。毛穴は下を向いて開いているため、下から上に持ち上げるようにしてパッティングすると化粧水の浸透力がアップします。化粧水をつけた後、顔がひんやりしていれば化粧水がしっかり浸透したという合図になります。

・乳液

乳液は、化粧水の後に使用し、化粧水成分を肌の奥まで浸透させる働きがあります。また、後のクリームと化粧水を乳化して繋ぐ効果もあります。乳液の正しい使い方は次のとおりです。

  1. ティースプーン1杯の乳液を、両頬、額、鼻、顎先にのせる。
  2. 顔の内側から外側に向かって顔全体にのばす。
  3. 乳液を追加して目のまわり、口のまわりに重ねづけする。

乳液は、量が多すぎるとべたつきの原因となるため、少量を薄くのばして使用しましょう。ただし、目や口のまわりは、皮膚が薄く乾燥しやすいため多めにつけることをおすすめします。

・クリーム

クリームは乳液の後に使用します。油分が多く配合されており、スキンケアの工程の仕上げに使用することで、化粧水や乳液の成分や肌内部の水分蒸発を防ぎます。クリームの正しい使い方は次のとおりです。

  1. クリームを小豆粒大とり、両頬、額、鼻、顎先に分けてのせる。
  2. 肌の内側から外側に向かってのばし全体に馴染ませる。
  3. クリームを追加し、目と口のまわりに重ねづけする。
  4. 手のひらで顔を包み込み、化粧品の成分の浸透力を高める。

クリームも乳液と同様に、量が多すぎるとべたつく原因となるため少量を使用し、乾燥しやすい部位や気になる部位に重ねて使います。クリームを塗った後、仕上げに手のひらで顔を包み込み温めることで、化粧品の浸透がよくなり効果を実感しやすくなります。

 

美肌をキープしたいなら正しいスキンケアを毎日続けること!

肌は、大気汚れや皮脂汚れが溜まり、水分蒸発によってうるおい不足になりやすく、毎日過酷な環境下にあります。肌を美しくキープするためには、化粧品を使用して正しいスキンケアを行うことが大切です。クレンジングと洗顔でしっかりと汚れを落とし、化粧水・乳液・クリームを効果的に使用して保湿を行いましょう。正しいスキンケアを身につけて、いつまでも美しい肌を保ちましょう!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

山本 夕貴 さん

愛知県常滑市で自然派化粧品販売を中心としたサロン経営をしながら、美容ライターとして活動中。美容には、スキンケア、コスメ、ボディケア、ヘアケアなど種類がある中で、最もスキンケアが好きで得意分野です。18歳のころから、本格的にスキンケアを始めて10年以上経ちますが、肌の調子が安定したのは、肌のしくみや化粧品について学ぶようになってからでした。スキンケアの知識をつけると、自分の肌に合う化粧品はなにか、効果的な使い方などが分かり肌状態は向上していきます。オガライフでは、これまで私が学んできた美容知識や経験をお伝えし、皆様がいつまでも美しくいるためのサポートをしていきたいと考えています。

-おすすめのオーガニックコスメ(化粧品), こだわりのオーガニックライフスタイル, トップストーリー
-

Copyright© オガライフ , 2020 All Rights Reserved.