健康的な体づくり おすすめのダイエット方法

断食ダイエットは回復食が重要!その意味と選び方などを紹介

投稿日:2022年12月2日 更新日:

断食ダイエットの成功は回復食!

前回の記事で「断食ダイエットの危険性」について紹介しました。断食ダイエットを成功させるために重要なのは「正しいやり方」と、今回紹介する「回復食の選び方およびタイミング」です。断食ダイエットは’’断食して終わり!’’ではありません。その後の回復食を重要視しなければなりません。回復食を適当に済ませてしまうと、リバウンドや胃腸などへ負担がかかってしまいます。せっかく努力して断食ダイエットしたのですから、成功して身体もココロも綺麗になりたいですよね。そこで今回は、断食ダイエットを終えての回復食について紹介していきます。

 

なぜ回復食が重要なのか?その理由は2つ!

なぜ断食ダイエット後には回復食が重要なのでしょうか?理由は、冒頭にもあげた通り「リバウンドの危険性」と「臓器への負担」です。この2つについて解説していきましょう。

回復食が重要な理由①リバウンドの危険性

断食ダイエットを終えた直後の身体は、断食をしていた時よりも’’かなり栄養を吸収しやすい状態’’です。つまり脂肪もかなり溜め込みやすい状態になってるということ。そのような状態で脂肪の多い食事(焼肉や揚げ物類)を沢山食べてしまうとどうなるでしょう。どんどん体内に脂肪が溜まっていくので、太りやすくなってしまいます。今まで頑張ってきたのですから、リバウンドは避けましょう。

回復食が重要な理由②臓器への負担

もう1つの理由は、臓器への負担を軽減するためです。断食ダイエット中の胃の中はほぼ空っぽ状態。この状態で急に重たい(脂っこい)食べ物を入れるとどうなるでしょう。胃もたれや胃痛、人によっては下痢などを起こす可能性があります。臓器への負担を軽減するためには、回復食は’’選んで’’摂りましょう。

 

失敗しない回復食の選び方とタイミングは?

断食ダイエットの回復食として相応しいものは「消化に良いもの」「香辛料を含んでいないもの」「高カロリーでないもの」です。具体例をあげて説明していきましょう。

消化に良いもの

回復食のポイントは胃腸に負担をかけないこと。つまり消化に良いものを選びましょう。具体的にはスープ、具が入っていない味噌汁、おかゆ等です。回復期1日目〜2日目は消化に良いものを食べることをおすすめします。

香辛料を含んでいないもの

胃腸に負担をかけないためには、香辛料を含んでないものを選びましょう。いきなりカレーライスやキムチ等の刺激物を摂ってしまうと、胃や腸を荒らしてしまう恐れがあります。したがって香辛料を含んでいないものがおすすめ。

高カロリーでないもの

上記でも説明した通り、リバウンドを防止するためにも高カロリーでないものを選ぶべきです。脂っこい物、ファストフード等は回復食には適しません。

回復食を食べるポイントとしては、水分不足にならないように「水を意識して飲むこと」と消化吸収をよくするために「よく噛むこと」です。回復食をきちんと’’選ぶこと’’が、断食ダイエット成功へとつながります。

 

無理をしない程度で身体をスッキリさせましょう!

今回は、断食ダイエット終えての回復食について紹介しました。断食ダイエットを成功させるためには「無理をしないこと」と「回復食を重要視」することです。リバウンドしないためにも、そして胃腸への負担をかけないためにも、回復食を’’選んで’’摂りましょうね。

12月に入り、朝晩の冷え込みを感じる季節になってきました。次回の記事は、寒い冬におすすめの食材についてです。冬が旬の食材は何があるのか?身体にどんな効果を与えてくれるのか?について説明していきます!

オガライフライター なぽまる さん のプロフィール


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

なぽまる さん

石川県在住の管理栄養士。特別養護老人ホームや福祉施設、病院など様々な場面で勤務。しかし現場で働くだけでなく、「食の大切さ」をメディアで届けたいと思いライターの道へ進む。「なぜ食事を摂る必要があるのか」「一人暮らしでも簡単に作れるレシピは?」このような疑問を持つ読者のための情報を発信中。

-健康的な体づくり, おすすめのダイエット方法
-

Copyright© オガライフ , 2023 All Rights Reserved.