ホーム > 美容・ダイエット > ダイエットは長距離マラソン?!ダイエット中の洋菓子選び、3つのポイント!
ダイエット中にスイーツが食べたくなったとき、気をつける3つのポイントを紹介します!

ダイエットは長距離マラソン?!ダイエット中の洋菓子選び、3つのポイント!

 

 

ダイエット中に、スイーツが食べたくなったときには…

 

ダイエット中に控えたい食べ物の中に必ず入るのがスイーツ。

特に洋菓子は和菓子と比べてどうしても敬遠されがち。

でもそうはいってもやはり、たまにはスイーツも食べたくなりますよね。

そんな時のスイーツメニューの選び方について、まとめてみました。

 

 

控えるべきものは、クリームとスポンジ!

 

洋菓子から和菓子にしましょう、というのはダイエットの基本としてよく言われること。

それもそのはず、やはり洋菓子はどうしてもカロリーが高めになってしまうから。

脂肪分たっぷりのクリームや炭水化物いっぱいのスポンジ、さらに高カロリーな

上白糖がふんだんに使用されてます。

 

でもそれは分かっていても、たまには濃厚な洋風スイーツだって食べたい。

そんなときに選びたいのは、クリームが控えめでスポンジ部分が少ないもの。

ショートケーキよりはチーズケーキやシフォンケーキだと脂肪分はいくぶん少なめ。

またチーズケーキでもレアチーズにすると炭水化物がほとんどないものもあります。

でもどうしてもショートケーキが食べたい、そんなときは小さめのものを選んで

みてはいかがでしょうか?

 

 

季節のフルーツを使っているものは積極的に食べよう!

 

積極的に食べたいのは季節のフルーツをふんだんに使ったゼリーやタルトなど。

ゼリーならばスポンジと比べるとはるかに低カロリー、タルトもきちんとした

パティシエのお店で買えばフルーツ多めでクリーム控えめだったりします。

 

実は季節の果物には、その時期に必要な栄養分がたっぷり入っているのです。

たとえば冬に出回るイチゴやリンゴにはビタミン類が豊富で、粘膜を強くして風邪を予防します。

一方、夏に多くなるスイカやメロンは利尿作用を高めて体温を下げ、適度な等分を含んだ

果汁は水分補給にもいいとされます。

季節ものと言われる食べ物はやはり旬に食べるのが味の面でも栄養面でも一番、

それはどんな食材でも例外はないようです。

 

 

時間があるときには手作りを!

 

それでもどうしてもスポンジケーキが食べたい、そんなふうに思ったときは時間があれば

手作りしてみてもいいですね。

ゼロから作るのは大変でも、スポンジだけ買ってきて甘さ控えめのクリームにする、

フルーツを多めにするなど、自分で工夫することができます。

 

上白糖をブラウンシュガーやハチミツに変えてみたり、小麦粉を全粒粉にしてみたり、

手作りなのでいくらでもアレンジをきかせることが可能です。

自家製スイーツをお友達と楽しむなんて、とても素敵ですね。

 

疲れているとき、精神的に不安定なときには甘い物がふと食べたくなるもの。

事実、糖分には脳の働きを活性化し疲労回復にも一定の効果があると言われています。

ダイエットは長距離マラソン、たまにはスイーツで息抜きも必要ですね。

 

関連記事

がんばらないダイエットシリーズ!



Loadingお気に入りに追加する

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
chigsajazzyさん

平日は小学生の男の子と女の子二人のママ、週末はジャズドラマーとして活動。
禁煙をきっかけにオーガニック食への関心が強まる。
音楽活動をしていくと人前に出ることも増えるため、外見に気を遣う意味でも食生活改善に奮闘中。
デトックスウォーター摂取、スーパーフードの美味しいレシピ発明、子供もガッツリ系男性も喜ぶベジタリアンな揚げ物作りなどの情報を発信しています!