ホーム > 健康ライフ > 完全菜食、精進ダシで体の中からきれいになりましょう!
汁物を作るときには欠かせないダシについて、詳しく紹介します。

完全菜食、精進ダシで体の中からきれいになりましょう!

 

 

精進ダシで毎日ヘルシーな汁物を

 

毎日飲んでいる味噌汁、皆さんのご家庭ではどんなダシを使っていますか?
我が家では夫が作るときは鰹節で取りますが、私は最近ではコンブと干しシイタケのベジタリアンダシ、名付けて精進ダシを使っています。

精進ダシって聞くと、なんだか敷居が高い感じがしませんか?
でも実は精進ダシはとても簡単にできるんです!
どれくらい楽ちんかと言えば、ダシ用コンブと干しシイタケを水につけて半日~1晩くらい置くだけ。
カツオのダシと違って火を使わず、鍋やザルなどの洗い物も出ません。

 

約1リットルの水に対して、コンブ5㎝×10㎝くらいが1枚と、干し椎茸3㎝くらいの大きさのもの4つ~5つくらいが目安です。
もちろん、薄くしたい場合には少なく、濃くしたい場合には増やす、コンブかシイタケだけでもOKです。
味噌汁や澄まし汁、スープなどにはもちろん、季節の野菜の炊き込みご飯に使ったりするのもオススメです。

そしてこの精進ダシはヘルシーだけでなくて、コンブとシイタケのエキスがたっぷり含まれているので栄養価も高いのです。
ぜひ汁ごと召し上がってくださいね。

 

 

ヴィーガンでもOK!万能調味料、精進麺つゆ!

 

麺つゆを調味料に使う人って多いですね。
暑い時期にはそうめんやソバなどのつけつゆにはもちろん、肉じゃがなどの煮物にたっぷり使うこともあれば、から揚げなどの隠し味にも。
醤油だけよりかは、ほんのり甘味がありながら、みりんやだしの味わいがバランスよく配合されています。
市販されている麺つゆを使うと確かに手軽ですが、味の濃淡を調整できるので私はもう10年以上自家製です。
さらに、精進ダシを使って簡単に麺つゆが作れてしまいます!これならヴィーガンの方も食べられるので、ぜひ試してみてください。

 

 

精進ダシを作ってみよう!精進ダシの作り方

 

■材料(出来上がり約600㏄)
・水 400~500㏄
・ダシ用コンブ(5㎝角くらい) 1枚
・干し椎茸(3㎝くらい) 3~4つ
・しょうゆ 100㏄
・みりん 100㏄
・砂糖(甘味が欲しい場合、なくてもOK)小さじ半分くらい

 

■作り方

・鍋にみりんを入れて中火にかけ、煮立ったら醤油を注ぐ。
・沸騰する少し前で精進ダシを加えて温まってきたら砂糖を振る。

冷めたら容器に移し替えて冷蔵保管します。1週間くらいは使えます。
また、この麺つゆで煮物を作るとついついご飯が進んでしまう、植物性でもコクはしっかりです。

 

 

精進ダシ、余った出し殻はご飯に変身!

ダシを採った後のダシがら、これも捨ててしまっては勿体ないので食べてしまいましょう。
コンブとシイタケを細切りにし、ご飯を一緒に炊き込むと美味しい炊き込みご飯になります。
もちろん、精進ダシで炊いても、他の具材を入れてもOKです。

ほかには煮物に混ぜたり、スープの具にしたり。
コンプの種類によっては調理ばさみなどで細かくしてから加えると楽ですよ。
精進ダシ、とても簡単に作れてヘルシーなのに濃厚です。

次回は精進麺つゆで作るご飯のおかずを紹介いたします。



Loadingお気に入りに追加する

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
chigsajazzyさん

平日は小学生の男の子と女の子二人のママ、週末はジャズドラマーとして活動。
禁煙をきっかけにオーガニック食への関心が強まる。
音楽活動をしていくと人前に出ることも増えるため、外見に気を遣う意味でも食生活改善に奮闘中。
デトックスウォーター摂取、スーパーフードの美味しいレシピ発明、子供もガッツリ系男性も喜ぶベジタリアンな揚げ物作りなどの情報を発信しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です