ホーム > 健康ライフ > ファスティングでデトックス!本来の自分を取り戻す!ファスティングツアー体験~心と体のデトックスの旅~

ファスティングでデトックス!本来の自分を取り戻す!ファスティングツアー体験~心と体のデトックスの旅~

 

 

私がオーガニックな暮らしに興味を持つきっかけとなったのがファスティングです

 

今回はファスティング体験をご紹介します。

宿泊ファスティングは次のような魅力がありますね。

■強制的にファスティングできる

■専門家のアドバイスが聞ける

■リフレッシュできる

実際、ファスティング後にはどのような変化があったのかでしょうか?

 

 

ファスティングは勢いにまかせて予約

 

友人が断食に行くという話しを聞き、「最近太ったな」と思い、ファスティングに興味を持ち色々と調べはじめました。

驚いたのが、週末は半年くらい先まで予約が埋まっている所も多く、行きたい所は予約がいっぱいでした。

後になったら気が変わりそうだったの、思い立ったら即実行の私は、自分の希望と比較的合う場所を予約!

アイウェルネス伊豆高原という所に決定。

即実行の割にはかなり不安だったので、「断食が初めてなのでとっても不安です」と電話で問い合わせをしてみました。

「皆さんはじめは不安になりますが大丈夫ですよ。当日、水分のみで朝から何も食べずに来てください。」

ということで、「朝からもう食べられないのか…」という一抹の不安を抱えながら当日を迎えました。

 

 

ファスティングスタート<1日目>

 

朝から何も食べてはいけないということなので、すでに自宅からファスティングがはじまります。

伊豆高原まで踊り子号で行ったのですが、ちょうどお昼位で乗客のほとんどがお弁当を食べていて辛かった…。

景色を眺めて気を紛らわすも落ち着かない、早くついてほしい…。

そんな中、窓から見る海の景色がちょっと感動でした!キレイな景色を見ながら目的地に到着。

(予約すると駅まで迎えにきてくれます)

 

到着してから、館内説明、身体測定とカウンセリング、器械での施術(温め中心のマシーン)、

予約していたカッピング、断食の説明がありました。

この後から一日酵母ジュースで過ごすことになります。

途中から「もう説明はいらないから、その酵母ジュースを早くちょうだい…」と思っていました。

とにかく、最初は、何か口にいれたい欲求がすごかったです。

でも、酵母ジュースを飲み始めたら落ち着きました。

その後、近くを散歩。

道が似ていて暗くなると道に迷いそうなので早めに帰り、お風呂(温泉)に入って、部屋でのんびりタイム。

食事の時間がないと一日が長いです…テレビは見る気になれず、22時位には就寝しました。

・部屋にはハブ茶や柿の葉茶などのお茶も常備。

・飲み物は好きな時に飲んでよいそう。

・館内には長期滞在の人のために洗濯機・洗剤、マッサージ器や足浴の器械もある。

・男性や体質改善、リピーター客も多い。

 

 

ファスティング<2日目>

 

捕食(200キロカロリー位の食事)が始まる。

食事は10時と17時の2回。

(2日目はフラフラしたり、ちょっとだるさがでました。)

ファスティング中の過ごし方は自由です。

滞在メニュー(ヨガ、散歩&散策、観光)などの日替わりメニューから選択可能。

ゆっくりしてもいいし、積極的に外出してもいいそう。

私のスケジュールはこんな感じ。

お風呂 → 8時の体操 →  リフレッシュケア(温めのマシーン)→ 10時朝食

→ 赤沢スパ →  17時夕食 → お風呂 → 就寝

 

蝉の声と鳥のさえずりで6:30に自然に目覚める。

優雅な感じがするけど、実際は蝉の鳴き声が大きすぎて寝てられず起床しました。

10時の朝食までもかなり時間があるので、酵母ジュースをチビチビと飲みながら過ごす。

8時の体操の前に、自分でストレッチをした後お風呂に入る。

体操の後は、予約時間のリフレッシュケアを終えて、待ちに待った朝食です!

朝食メニューは、「玄米がゆ、しじみのお味噌汁、野菜ジュースシャーベット、梅干し」

とにかく、しじみのお味噌汁の味に感動!

しじみがこれでもかっていう位入っていて、しじみのうまみが体にしみる感じです。

玄米がゆもどうしたらこんなに美味しく作れるんだろう?おかゆがものすごくおいしい!

野菜ジュースのシャーベットも、満足感出すためにシャーベットにしているらしい。

そんな食事をゆっくりゆっくり30分位かけて味わって食べました。

本当にありがとう!

 

考えてみたら一日食べない位なのに…おいしすぎて自然にありがとうという感謝の気持ちになりました。

食事の後は赤沢スパへ。

スパの時に何度か「お腹すいた…」という感覚になりましたが、かなりリフレッシュできました。

ストイックにならないといけないと思っていたので、非日常で優雅な雰囲気のスパに癒されました。

(頑張りすぎて途中具合悪くなり、1時間位休んでいましたが…)

そして、17時の夕食。「玄米がゆ、煮物、サラダ、ところ天、コブ」

おかゆの量が増量。サラダは歯ごたえがあってドレッシングがすごく美味しい。

やっぱりゆっくりと味わって完食。

心配なので、酵母ジュースはまだ残してあります。

食後にお風呂に入り、自分でヨガをして、やっぱり10:30位に就寝。

あっという間に2日目終了です。

 

 

ファスティング<最終日>

 

3日目の朝、鳥のさえずりで自然に目覚め、ストレッチや簡単なヨガをして散歩に出かける。

緑がたくさんあるせいか自然と散歩したくなります。

8時の体操後にお風呂に入って最終日の計測。

増えていたらどうしようと不安になったけど(たまにいるらしい)、減っていました。

体重は1kg減でしたが、お腹周りがかなり減っていました。

劇的に減る訳ではないけど、意識が変わるそうです。

皆さん平均して0.6~0.7kg減らしいです。

これがゴールではないからねーと念を押されて、修了証をいただきました。

そして、最終日の朝はご褒美朝食です!

枝豆のスープ、魚、サラダ、手作りパン、桃ゼリー(固め)

すごい豪華です!(コース料理みたい)

枝豆のスープが絶品!お魚もソースも高得点です。

クルミパンはふわふわで今まで食べた中で断トツに美味しかったです。

ゼリーは満腹感出るように固めにしているらしい。

昨日の朝食は30分かけて食べたのに、ゆっくり食べてもなぜか20分で食べ終わってしまった。

パンは食べきれずお持ち帰りしました。

 

チェックアウト後に城ヶ崎海岸のつり橋の所(火サスなどで撮影される場所)まで散策。

行きと帰りで約2時間位歩きました。

海のそばや木々など東京にはない解放感の中での散歩は気持ちいい!

城ヶ崎海岸駅に到着し、電車が来るまで足湯に入って待っていました。

駅に足湯があるんですよね…風情があります。

そして、自宅に帰宅。

家に帰り体重を図ったら1kg減っていたので、2泊3日で2kg減としました。

不安だった断食ツアー、あっと言う間に終わってしまいました。

ダイエット目的でしたが、行こう!と決めてからの行動力に自分でも驚き、心と体のデトックスの旅となりました。

 

 

ファスティングの魅力を一言でいうと…

 

健康・美容・ダイエット・リフレッシュ…全てが手に入る。本来の自分が持っている体や心に近づける。

そして、新たな発見や気づき、色々な意味で成長できると思います。(個人の意見です)

今まで美味しい物をたくさん食べることが好きでしたが、カロリーや甘い物に気をつけていた位で、

食べる物についてそこまで深くは考えてはいませんでした。

ファスティングをしたことで、自分の健康や食べ物への意識が向くようになり、

「これがゴールではない」という意味が、後々、段々わかってきました。

 

(他の滞在者の方の感想)

・リピーターの女性の方は、ファスティング後は前向きになれて調子がよくなったので今年も来ました!

毎年くることにしたそう。

・初めてで1週間滞在した男性は4kg減。

断食はそんなに辛くなくて、人間って食べなくても平気なんだなーと思ったそう。

でも、ご褒美朝食は、やっぱり、かなりおいしかったそうです。

 

ファスティング旅の教訓

教訓1 人気の場所は予約が取れないので早めにスケジューリングしよう!

(とにかく、週末はどこもいっぱいなので、週末しか時間が取れない人は計画的に)

教訓2 朝から食事をしないで水分のみの場合は、お昼の時間の電車はずらそう!

教訓3 せっかく来たんだから…1kgでも痩せたい一心で頑張りすぎない、無理は禁物!

教訓4 全日ファスティングのほうが辛くない。(捕食が始まってからのほうが辛い…他の参加者も同意見)

教訓5 最初は不安ですが、普通の旅行と同じように旅を楽しむ。

 

以上のことを注意して、ファスティングにチャレンジしてみませんか。

一度体験したら病みつきなるかも。リピーターが多いというのも納得。

(体験した宿泊先)とても親切で温かいスタッフさんがたくさんいます。

アイウェルネス伊豆高原

 

もうちょっと近場で行ってみたい場所

パルムリゾート 秩父

 

ヘルスリゾート 天空の庭 天馬夢

 

ファスティングの魅力にとりつかれた私。

家でもファスティングにチャレンジしました。

次回はおうちファスティング体験をご紹介します。



Loadingお気に入りに追加する

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
みわ あずみさん

生まれも育ちもチャキチャキの江戸っ子の40代、取材編集・ライターしています。
元々、体があまり強いほうではなく、病気や年齢を重ねるとともに、何をするにも体が資本と痛感。
20代後半から冷え性の自覚はあるが、特に何もしないまま過ごす。
数年前に低体温だと病気になりやすいと聞き、疲れやすいのもそのせいか…と思い、
とにかく温めよう!と生活を見直し、薬や病院に頼らない健康な体づくりに興味を持ちはじめ、自分の体と向き合うようになりました。
岩盤ヨガ、アロマ、ハーブ、自然療法etc。
飽くなき探究心とリサーチ力で、さまざまなことを試しています。
オーガニックライフを愉しみながら、いつまでも生き生きと過ごしたい!。
まずは、ムリなくできることからはじめよう!
“ちょっと体にいい”健康ライフをお伝えしていきます。