ホーム > トップストーリー > 身体を中から温めるホットドリンクの効能とは?!
身体を温めることの大切さや、身体を中から温めるホットドリンクの効能についてお届けします。

身体を中から温めるホットドリンクの効能とは?!

 

 

知っているようで知らない身体を温めることの大切さ

 

朝晩の冷え込みを感じて、ますます寒くなってくるこの時期、

身体を温めることの大切さに関する情報が様々なところから入ってきます。

身体を温めることの大切さを聞くたびに、そんなの知っているよ!

となってしまう時もありますよね。

しかし、身体を温めることが大切だということは知っていても、どのように温めるのか、

なぜ温めることが大切なのか、ということは曖昧になりがちです。

知っているようで知らない、体を温めることの大切さと、

冬におすすめの身体を中から温めるホットドリンクの効能について紹介します。

 

 

身体を温めることがキレイをつくる

 

日本人には冷えやすい人が多く、特に筋肉量の少ない女性の多くが「冷え症」に悩んでいます。

人間の体内のあらゆる生命活動に関わる「酵素」は、体温が36.5℃から37℃の状態で最も活発に

働くといわれています。

たった1℃でも体温が下がることで、「酵素」の働きが低下し、結果的に身体を守る免疫力の

低下をも招くことになるのです。

免疫力の低下は、風邪などの体調不良を引き起こしますが、同時に肌荒れや疲れの原因にもなります。

身体を温めるということは、風邪に負けない強い身体を作るだけではなく、なんと美容効果も期待できるのです。

身体の中からキレイを作るには、身体を温めることが大切ですよ!

 

 

ホットドリンクで温かい身体と心をつくる

 

身体を中から温める最も簡単で、最も効果的な方法が、温かい飲み物を毎日飲むということです。

ホットドリンクは、内臓を温め、その動きを促します。

そのため、新陳代謝が上がり、脂肪の燃焼はもちろん、デトックスが強化され体の毒素排出が

スムーズに行われます。

また、大掃除された体内で血液の流れもよくなり、冷えが改善されます。

さらに身体の隅々まで必要な栄養素が届けられるのでお肌もキレイになります。

身体が温まることによって副交感神経も優位になり、心もリラックス。

ホットドリンクは、心と身体に同時に働く万能な飲み物なのです♪

 

 

これから寒くなる季節におすすめのホットドリンク

 

お白湯はデットクス、消化促進、新陳代謝アップ、全身機能の活性化、内臓疲労回復 など体にとってよいことばかりです!

1. 白湯(さゆ)

白湯には女性にとってうれしい効果がたくさんあることを知っていますか?

デットクス、消化促進、新陳代謝アップ、全身機能の活性化、内臓疲労回復

などなど体にとってはいいことばかり。

朝いっぱいの白湯習慣を始めましょう。

※朝1杯、夜1杯を目安に

 

 

風邪の予防や殺菌作用、美容効果も期待できるのがハーブティです。

2. ハーブティ

風邪の予防や殺菌作用、美容効果も期待できるハーブティ。

その独特な香りにも癒しの効果があるとされ、目的別に様々な

ハーブティを試してみてはいかがですか。

 

 

身体を中から温める緑茶には抗酸化作用があります。さびない身体作りや老化防止、風邪予防の効果も期待できます!

3. 緑茶

緑茶には、抗酸化作用があり、さびない身体作りや老化防止、風邪予防の効果があります。

特に、茶葉をミキサーにかけて粉末にし、茶葉ごと体内に取り込むことがおすすめです。

 

 

他にもまだまだ紹介したいホットドリンクがありますが、まずは初級編ということで、

続きは次回以降にします。

ホットドリンクは、奥が深い飲み物なのです。

心にも身体にもいいことづくしのホットドリンク。

この冬ぜひ生活の中に取り入れて見てはいかがでしょうか。

ではまた、次回^^

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
MIYOさん

MIYOさん

某広告会社の営業・編集を経て、現在は保育業界で英語を教えながら、女性の豊かな生活を支援する活動に従事。
自らの体調不良をきっかけとして、オーガニックな生活や体の中から体調を整え、キレイを追求するインナーケアに興味を持つ。
日々の生活の中に自然な形で取り入れられる、キレイの秘訣を発信中♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です